記事一覧

理不尽

7月24日(木)
 世界は理不尽なことに満ち満ちています。アジアへの旅行を楽しみにしていた家族が、思いもよらぬミサイルで一瞬にして人生を終わらされてしまう。この航空会社の飛行機はつい数か月前、突然行方不明になり、いまだに機体も一人の遺体も確認されていません。
 誰がミサイルを発射したのかは不明ですが、どことどこが争っているのかをみれば、ミサイルを発射したのは親ロシア派の兵士だということは明白でしょう。撃ち落としておいて、捜査にも協力しない。戦争はいかに人間性を破壊させるのか、このことを見れば明白です。
 昨日は台湾の航空機が墜落しました。軍事的な攻撃ではないですが、搭乗していたひとにとっては、理不尽な着陸失敗としかいいようがありません。交通事故より確率は少ないとはいえ、一度事故になれば、生存者は極めて少ないのが航空機事故です。事故の連鎖を断ち切らなければなりません。
 パレスチナでは依然としてイスラエルによる空爆が続いています。10年ぐらい前にパレスチナを訪ねました。その時にイスラエルの子供兵士がパレスチナの子供を銃撃する、子供に子供を殺戮させる、許せない、という話を聞きました。一方で、イスラエルの見晴らしのいい道路を走っていた時、ここはよくパレスチナ側から銃撃されるという話も聞きました。
 憎しみと憎しみの連鎖が依然として続いています。残念ながら解決の兆しは全く見えません。ガザ地区は地中海とパレスチナに囲まれた極めて狭い地域です。ハマスの兵士もいるでしょうが、普通の人も住んでいる市街地です。そこを圧倒的な軍事力を持つイスラエル軍が空爆をすれば、一般市民の死傷者が出ることは自明です。
 それでも空爆を続けるのは憎しみ以外の何物でもありません。大人同士の憎しみで子供が犠牲になる。そんなことを続けてはなりません。殺戮を止められるのは理性だけです。世界が理性を取り戻すのを祈るしかありません。
 ところで、今週は火曜日から「夏休み親子国会見学会」を行っています。暑い中、たくさんの方が訪れています。まず、国会に親しみを持ってもらう。次に政治に関心をもってもらう。そこから、いい政治はスタートします。明日まで続きます。皆様も是非、ご参加下さい。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー