記事一覧

あり得ない選択―原発再稼働

7月17日(木)
 ついに恐れていた事態になりました。原子力規制委員会が鹿児島の川内原発に関し、一年前に決めた新規制基準をクリアしたと発表しました。これを受けて、政府は今秋にも川内原発を再稼働させようとしています。
 今現在日本では原発は一基も動いていません。昨年の夏、今年の夏と二年続けて原発ゼロで夏を乗り切ってきました。原発がないから電力が不足したという事実はありません。まだ、原発内には使用済み核燃料が大量に残されていますから、稼働していないからと言って安全という訳ではありませんが、少なくとも地震や津波によって福島第一で起こったような炉心溶融が発生する危険性は極めて少ない状態でした。
 それが再稼働ということになれば一気に変わってしまいます。新基準を満たしているからと言って、その原発が安全という訳ではありません。なにしろ、想定外のことが事故の時には次々に起こります。もう一度、福島第一のような事故が起これば、日本に人が住めなくなってしまう可能性すらあります。
 大震災以降、再生エネルギーの普及に弾みがかかってきました。ドイツのように家庭に太陽光パネルの設置を義務づけるようにすれば、日本でも家庭の電力は家庭で作ることができるようになります。そうなれば、家庭に向けての電線がいらなくなり、きれいな都市づくりにもつながります。
 そうした可能性を全て消してしまうのが、再稼働です。品のない経済界はすぐに歓迎の意見を表明しました。この人たちは先日出された大飯原発運転差し止め判決を読んでいないのでしょうか。
 原発を動かさないとエネルギー輸入が増え、貿易赤字が増大し国富流出につながると経済界は主張してきました。それに対して判決は「豊かな国土に国民が根を下ろして生活していることが国富だ」と断じています。
 相変わらず政府は何の根拠もなく日本の安全基準は世界一厳しい、それをクリアしたのだから、安全なのだと、かつての安全神話に回帰しようとしています。いまだに30万人以上の福島の人が避難生活を強いられています。それにもかかわらず、今度も避難計画もたてないまま、再稼働させようとしている。全く信じられない話です。

スーパーコピー時計
ロレックス時計スーパーコピー
ウブロ時計スーパーコピー
パネライ時計スーパーコピー
ルイヴィトンバッグスーパーコピー
ルイヴィトン財布スーパーコピー
 ずるずると再稼働させてはいけません。多くの国民は原発ゼロを実行するべきだと考えています。制御できないものを、もう一度動かす。そんな愚かな選択を許してはいけません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー