記事一覧

「驕る安倍は久しからず」

7月14日(月)
「泣く子と安倍(地頭)には勝てない」と言われていた安倍総理率いる自民党が全面的に応援した候補が、滋賀知事選挙で民主党の前衆議院議員に敗れました。まさに「驕る安倍(平家)は久しからず」という結果となりました。
 もともと自民党の元官僚の候補が有利に選挙戦を進めていました。その流れが変わったのは7月に入ってからと、どの新聞も報じています。国民の声も聞かず国会で議論もせず、自分の思い込みだけで、勝手に憲法解釈を変えてしまった安倍政権に対する怒りの一票が、この結果に繋がったと確信しています。
 滋賀県は原発銀座の福井県の隣です。卒原発を掲げた候補が勝ったわけですから、安倍さんも簡単に夏に再稼働させることはできなくなったでしょう。
 松戸市の市長選挙が先月行われましたが、ここでも自公候補を元民主党の現職市長が破りました。自民党の支持率から言えば、両選挙ともこういう結果は考えられないはずです。しかし、結果は、ウソをつきません。
 選挙で勝ったから、というのが安倍さん暴走の“根拠”でした。今度は選挙で負けたのですから、きちっと反省をしてもらわなければなりません。
 これから福島知事選、沖縄知事選が年内に行われます。来年は統一地方選挙です。ここで国民の意思がより一層、明らかになるはずです。安倍さんと安倍さんのおじいさんの思い通りの日本にするわけにはいきません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー