記事一覧

忘れていいことと、忘れてはいけないこと

7月11日(金)
 大型の台風が日本を駆け抜けました。長野では土石流で死亡者がでるなど被害がでましたが、事前に予想されたような大きな被害には、幸い至りませんでした。台風一過、東京ではいま青空が広がっています。
 ワールドカップもあとは決勝戦を残すのみです。日々、いろいろな出来事が起こり、すぐに忘れ去られ、新たな出来事が起こります。
 しかし、忘れてしまっていいことと、忘れてはならないことがあります。私の心に大きくのしかかっているのは、依然として集団的自衛権の問題です。先週の金曜日に日テレのBS番組にでた時、「使う使わないは別として集団的自衛権は持っていた方が、日本のためにはいい」という発言をした人がいました。
 選択肢を広げておけば、その時々のもっとも適した防衛方法を選択できるという意見でしょう。一見まともに思えますが、一度持ってしまえば、使いたくなるものですし、使えるように準備や体制を整えとかなければなりません。
 日本は憲法に書いているように「国際紛争を解決するのに武力をもってしない」を国是としてきました。その前提が変わってしまうことと、選択肢を多くすると同一視するわけにはいかないのです。
 安倍総理の意向によって、日本の針路が大きく軍事に動いてしまったことは事実です。しかし、日々の出来事のように忘れ去っていいことではありません。まだ、一内閣の決定に過ぎません。動かすことは可能です。大事なことは、忘れないこと、諦めないことです。
 覚えていれば次の選挙の時に変えることができます。国民主権の国ですから、国民が国の行方を決めなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー