記事一覧

新代表の下で民主党の再建を

11月5日(月)
 先週末からいろいろあって本当に疲れてしまいました。最終的に小沢代表が辞任を表明して、一応この問題にけりがつけられました。
 それにしてもという思いがつのります。私がかつて小沢代表と国連待機部隊のことをまとめた時には、小沢さんは実に丁寧に自分の考えを説明し、こちらの考えも十分聞いて、「国連決議のもとに待機部隊を出すことができる、自衛隊は専守防衛に徹する、憲法9条は守っていく」ということで合意しました。
 これだけ粘り強く説得する力がある人が、どうして今度のことを誰とも話さず決めたのでしょうか。事前に何の説明もなしに、いきなり大連立をするといって納得する党員がいるはずがありません。
 昨日の記者会見を聞けば、小沢さんの本当の狙いというのも分かります。だからといって大連立に賛成するものではありませんが、少なくとも、ああした説明をした上で、党内で議論をしてから、それを密室の党首会談ではなく、公開の党首討論でしてほしかったと私は思います。そうすればいらぬ憶測を生むこともなかったと思います。残念です。
 さて、問題はこれからです。民主党に対する信頼が今回の件で揺らいでしまったことは確かです。もう一度、新代表の下に、民主党としての考え方をしっかりと打ち出し、そして信頼回復に努めることが第一です。その上で、きちんと政権交代をめざすこと、政権交代でしか本当の改革はできないことを訴えていくしかありません。
 今度の問題で総選挙が遅くなることはないと思います。早ければ年内解散の可能性が私はむしろ高まったと感じています。風に頼ることなく、選挙を勝ち抜くことができれば、それこそが政権担当能力があるということに他なりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー