記事一覧

二つの貴重な判決

5月23日(金)
 21日に画期的な判決が二つでました。一つは大飯原発の差し止め請求に対し、それを認めたもの、もう一つは厚木基地で夜間飛行の差し止めを求める判決で、こちらも請求を認める判決が出ました。
 大飯原発の判決では「極めて多数の人々の生存そのものにかかわる権利と、電気代高い低いの問題とを並べて論じること自体、許されない」と明快に書いてあります。
また、事故原因についても、地震で重大事故が起こる可能性があり、「想定外は許されない」と明確に断じています。
 政府は原発を重要なベースロード電源を位置づけ、再稼働に向けて一直線に動いています。原発を動かし、電力料金を引き下げなければ国際競争力が失われるという、例の国際競争力神話を持ち出し、日本の安全基準は世界一という根拠のない理由で、再び安全神話を構築しようとしています。それを国民目線で厳しく警鐘を鳴らしたところに今回の判決の意義があります。
 また、厚木基地の判決でも、一歩踏み込んで、夜間の飛行禁止を打ち出したことはやはり意義があります。残念ながら米軍機にまでは適用できないとして、実際に最も騒音をまき散らしている実態を改善するまでには至りませんでしたが、補償金でお茶を濁すという従来のやり方から一歩踏み込んだことは評価に値します。
 二つの裁判とも一審判決ですので、高裁でひっくり返る可能性はありますが、ともかく一審で「国民のほとんどが納得する」判決がでたことは良かったと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー