記事一覧

原発の輸出は認められない

3月28日(金)

 今週一週間は「春の親子国会見学会」を行いました。毎年やっているもので、今年も小学生を含め約100名の方が参加してくれました。
 多くの方が小学校の社会見学や中学の修学旅行の際に国会見学をしているそうですが、意識して見学をしていない方が多いそうです。だから開会中で生きている国会を見て回ると、非常に勉強になったと皆さんに喜んでもらっています。夏にも「夏休み親子国会見学会」を行っています。もう10数年もやっていますので、街を歩いている時に、「国会見学会でお世話になりました」と声をかけてもらうことが何回もあります。希望している方はいつでも結構ですので、国会事務所に連絡してください。
 私は「袴田巖死刑囚救援議員連盟」の世話人をやっております。再審決定が出る前の日に、議連のメンバーと一緒に法務省に出向き、再審が決定したら、上告せず、速やかに再審に応ずるように要請してきました。
 まだ一昨日は再審が認められるかどうか、分かりませんでしたが、昨日、再審決定が下され、ほっとしました。素人でも普通に考えれば袴田さんは犯人ではない、と分かる事案なのに、無理やり死刑判決を下した検察と裁判所には猛省を促します。
それでも袴田さんの一生は冤罪によって奪われてしまいました。裁判官の「耐え難いほど正義に反する状況」という認識は、その通りで、ともかく、昨日のうちに釈放されてよかったです。検察は上告することなく、一日も早く再審を開始し、きちっと袴田さんの冤罪を晴らさなければなりません。
 さて、昨日は民主党内でトルコ、アラブ首長国連邦に日本の原発を輸出することを認めるか否かの論議がありました。私は「福島の事故の原因さえ明らかになっていない。地震で炉心が壊された可能性があるとすれば、津波対策だけしても安全とは言えない。日本国民の多くは原発に頼らない日本にしようとしている。それなのに危険な原発を輸出するのは矛盾している。使用済み核燃料の問題や廃炉の問題など日本国内でも目途がつかない問題を抱えたまま目先の利益に目がくらみ輸出をすることを認める訳にはいかない」と発言しました。
 信じられないことですが、残念ながら民主党内には原発は必要だから輸出を認めるべきだという方が4割程度いることが分かりました。福島の方がいまだに避難生活を強いられている中、「日本の原発はどこの国の原発よりも安全だから、輸出していい」という判断をするということが私には理解できません。もし、原発輸出に手を貸すようなことがあれば、民主党はもっとも質のいい支持者を失うことになります。

ファイル 513-1.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー