記事一覧

いろいろなことが起こっています。何か関連があるのでしょうか

3月7日(金) 
 このところ、国内外で大きな出来事が相次いで起こっています。 まずウクライナの政変がありました。昨年の8月にウクライナのキエフに行きました。教会がたくさんあること、午前8時になっても通勤者が都心にほとんどいないこと、とにかく静かな都市という印象が強かったです。
 そこが一年も経たないうちにあのような騒乱状態に陥るなど全く想像できませんでした。現地の人と話をした時に、どうしてEUに加盟しないのかと質問したら、クリアしなければならない条件がまだたくさんある、加盟に反対している人もいるという返事でしたが、国内に大きな政治的な亀裂があるようには感じませんでした。
 一日、二日旅行しただけではその国の内情など分かりようもないのは確かです。それに対立は国の東西、南北で生じているということですから、首都のキエフだけ見て分かるはずはないのですが、それにしてもきちんと見るところをきちっと見ていなかったのだろうと反省しています。大きな矛盾が人々の表情に表れているはずなのを見逃したのは、元記者として失格です。
 もう一つの大事件は昆明で起こりました。昆明も何年も前に行きました。標高の高い南国の都市で、鍋を食べた時、すぐに沸騰したので驚きました。郊外に少数民族を集めたテーマパークがあり、チベット族やその他の少数民族が独特な踊りなどを披露してくれました。
 この時も、漢民族と少数民族の対立が深刻なものであるということを見抜くことができませんでした。少数民族が実際に住んでいるところは昆明から遠くで、生活の実態を見たわけではないので、置かれた立場がわからなかったといえばそれまでですが、やはり行ったからには、民族対立の片りんでもつかんでこなければと反省しています。
 その後のニュースが入ってきませんから、どうしてあんな残虐な事件が起こったのか背景は分かりません。しかし、ウイグル族やチベット族などとの間の対立が深刻化していることはいろいろな事件が起こっていることからも明らかです。強権で押しつぶすのではなく、格差をなくすことと、きちっと少数民族と話をすることが大事です。
 そして日本です。松戸の隣の柏市で連続通り魔事件が起きました。同じマンションに住んでいる人間が殺したということにびっくりしましたが、それ以上に、ネット型の犯罪だったことにショックを受けました。
 犯人像がはっきりしているわけではありませんが、現実の世界ではなく、ほとんどネットの世界で生きてきた若者のようです。
 ネットの世界では検証する方法がありませんから、どんな人間にもなれます。男にも女にも若者にも老人にも、金持ちにも貧乏にも、また、顔やスタイルもどんなものにも変えることが出来ます。
 ネットの世界で自分が望んでいる像を作り上げても、鏡を見れば現実の自分がいます。しかし、人と長い時間接していないと、現実とネット像との境界線がはっきりしなくなるのではないでしょうか。ネットの中で妄想していたことを実際に行ってしまい茫然としているというというのが実態でしょうか。
 ネット社会はまだ始まったばかりです。後10年もすればルールも出来てきて混乱もなくなるでしょうが、まだ、使いこなすというよりはネットに使われているという状況のようです。
 ビットコインの破綻などという事件も発生しました。どういうものか、どんなリスクとメリットがあるのか、使ったことがない私には分かりようがありません。でも次から次へと新しいものがネット上に誕生し、意味が分かっている人だけが得をして、あとから参入する素人が損をする、そんなことを避けるためにはやはりネットの成長を阻害しない範囲で法整備をする必要があるでしょう。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー