記事一覧

安全保障の問題は難しい

2月28日(金)
 昨日、民主党内で集団的自衛権を巡る憲法解釈を政府が勝手に変えることが出来るのかどうかについての論議が行われました。
 日本国憲法は立憲主義に基づいて作られています。言うまでもないことですが、憲法は時の権力から国民の権利を守るものです。権力が勝手に憲法を変えることが出来ないのは、縛られる側が、縛る基本法を勝手に変えたら立憲主義が成り立たないからです。
 したがって、安倍内閣がやろうとしている憲法9条の解釈を見直し、集団的自衛権の行使を認めるなどということを許していいはずはありません。自明のことですから民主党内でことさら論議をするのはどうしてかと思われる方も多いかもしれません。
 しかし、昨日は二つの意見がでました。一つはここに述べたような意見です。もう一つは「日本を取りまく国際情勢は緊迫の度を高めている。このままでは国民の財産、生命を守ることが出来ない危険性がある。いついかなる時も集団的自衛権の行使を禁止してしまえば、国民の生命を守れない。だからもっと柔軟に対応するべきだ」という意見です。
 これに対して、本当に国民の生命・財産に危機が生じようとしている時にはきちんと、憲法改正を発議すればいい、現状では国民の生命が直ちに危機に直面はしていないから、いま安倍政権がやろうとしている政権による憲法解釈の変更は認めるべきではない、という反論がなされました。
 また、今の時点で民主党の見解を発表するのは早すぎるという意見もだされました。これに対して私は「集団的自衛権の行使だけではなく武器輸出三原則の見直し、靖国参拝などを含めて国民は安倍政権が日本をどこにもっていこうとしているのか心配している。同時に、そうした安倍政権の方向について民主党はどう考えているのか、心配している。したがって、安倍政権がこれまで長年に渡って築き上げられてきた集団的自衛権の行使は憲法9条の下では認められないという、意見を党の見解として直ちに出すべきだ」と主張しました。
 議論は1時間半ほど続きましたが、最終的な結論は、安倍政権が勝手に憲法解釈を変更することは認められないというものでした。ただ、自衛権の行使について個別の事態で具体的にどう対処するべきか、これから議論するということになりました。
 憲法9条を巡る議論は結党以来ずっと行ってきました。安全保障に関して、自分がもっている意見を簡単に変えることができないことは確かです。私は武力では国際紛争は解決しない、ということは歴史が証明していると思っています。武力を行使すれば、憎しみが憎しみを生み、永遠に紛争が続くことになってしまいます。だから、遠回りのように見えても、粘り強く話し合いを求めていくしか方法はありません。
 ただ、実際に紛争が起こっている国ではどうするのかという問題が残ります。国連がしっかりと機能していれば、国連が最終的に国家間の警察の役割を果たして解決をすることができるかもしれません。しかし、現実の国連は大国同士の利害が激突し、うまく機能はしていません。
 全ての問題にオールマイティに適用できる方法はありません。一歩ずつ、試行錯誤を続けていくしかないのかもしれません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー