記事一覧

キューバ行ってきました

1月16日(木)
 改めまして新年おめでとうございます。新年号を掲載しておりますので、私の今年一年にかける思いを是非、ご覧ください。
 さて、1月7日から15日まで、キューバを訪問してきました。直行便がありませんので、前後の二泊はパリにしました。パリはちょうどバザールの時期にあたり、日本人の観光客の方もたくさんいました。
 キューバへは日本・キューバ友好議員連盟の副会長として参加しました。初めての訪問でした。もともと私の古い友人だった医師が昔、キューバを訪ね、カストロ議長やチェ・ゲバラに会ったという話を聞いてから、一度、訪ねてみたいと思っていましたが、遠いのでいままで実現しませんでした。
 キューバはパリから飛行機で約10時間かかります。パリまでが約13時間かかりましたから、日本からは約一日飛行機に乗らないと着かないという世界でも日本から最も遠い国の一つです。
 政治体制は社会主義です。北朝鮮の内情はよく分かりませんから、私たちが知る唯一の社会主義国と言ってもいいでしょう。また、キューバは米国から経済封鎖を受けていますから、ここでも世界で唯一、米国経済の影響を受けていない国という見方もできます。いずれにせよ、極めてユニークな国です。
 よくテレビで取り上げられるキューバの街には古い米国車が走っている風景が登場します。米国の50年代60年代の車が今でも普通の道路を走っているのですから、びっくりしました。それでも前に比べれば普通の車の数が増えたということです。
 首都はハバナで、ここは世界遺産にも指定されています。古いスペイン統治時代の建物が残っており、一階はレストランや店として利用され、二階から上は普通の人が暮らしているというのが普通のパターンでした。
 社会主義国ですから店や工場は国営というのが原則ですが、協同組合方式で、民間と国とが共同で事業に当たっている形態も増えてきているそうです。しかし、経済封鎖の影響は厳しく、国民の平均給与は20米ドルということでした。
 食料は国から支給されます。したがって、町には普通の商店はめったにありません。日本に普通にあるコンビニも全くありません。日本大使館では半年に一度、外国に買い出しに行き日常生活品をそろえているということでした。
 こう書くと、暗い国を想像しがちですが、そこは中米ですから、国民は陽気で明るく、普通に暮らしていました。税金はありません。医療費や教育費は無料です。貧富の差は少なく、みんなそこそこに貧しい、という状態で安定しているようでした。しかし、若者には閉塞感が強く、毎年多くの若者が海外へ出ていくということでした。
 国土は本州の半分くらい、人口は東京都ほぼ同じ1100万人程度。日本及び日本人には極めて好意的です。でも日本との貿易額は100億円にも満たないということでした。ラウル・カストロ現議長や次期議長候補である政治家にも会いましたが、やはり最大の問題は経済をどう活性化させるかという点でした。
 昔はサトウキビから砂糖を作るというのが最大の産業でしたが、現在では医療や医薬品分野と産油国ですから石油産業が主力産業となっているとのことでした。しかし、農業従事者は減り、四方を海に囲まれているのに漁民はほとんどいないということでした。医師や看護師を国内で養成し、海外送り出す。海外からの送金が大きな資金源になっているとのことでした。
 日本への期待は大きいのですが、いかんせん経済規模が小さいので、なかなか本格的な貿易や日本企業の進出は進みません。遠いということもあって、日本からの観光客も年間1万人にも満たないということでした。
 夜一人で歩いても危険はありません。静かで治安がよく、人も親切です。是非、一度、訪ねてみてください。
ファイル 502-1.jpg ファイル 502-2.jpg
世界遺産ハバナ市                  古い米国車

ファイル 502-3.jpg
ヘミングウェイの居間にて

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー