記事一覧

野党再編の軸はリベラル勢力の結集でなければならない

12月11日(水)
 みんなの党が分裂しました。年末恒例の新党騒ぎです。どうして年末に新党ができるのか、理由はたった一つ政党助成金です。政党助成金は1月1日の所属議員の数で支払われます。5人以上の国会議員が集まればもらえるので、年末になるとドタバタ劇が繰り広げられるわけです。
 維新やみんなの党から離れた人が一緒になって新党を作ったとしても、基本的には憲法観、集団的自衛権の行使についての考え方などが自民党と一緒ですから第二与党ができるだけです。
 巨大与党をチェックできませんし、最終的には自民党の補完勢力になるだけです。政界再編というならその軸はリベラルでなければならないと私は思います。
 武器輸出の三原則を改めて武器を輸出できる国に日本が変わってしまえば、世界の見る目が違ってきます。憲法9条を変えれば、日本が戦後守ってきた平和主義の大原則が揺るぎます。経済を復活させさえすればいいということで原発を再稼働させれば、将来世代に大きなツケを残すことになってしまいます。秘密保護法案をみれば、安倍政権が国民の上に国を置こうとしているのは明らかです。
 こんなことは許さないという勢力を結集する、そんな政界再編でなければ何の意味もありません。リベラル勢力が結集できなければ、安倍政権の暴走を止めることはできません。来年は本物の政界再編の年にしなければいけないと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー