記事一覧

安倍政権の終わりの始まり

12月6日(金)
 今日も国会の周りには多くの市民が集まり、秘密保護法反対の声を上げています。それにもかかわらず、政府自民党は参議院でも昨日、強行採決をしました。会期は今日までですから、今日一日頑張れば廃案も見えてくると思っていたら、今度は会期延長をちらつかせ、何が何でも今国会で、この悪法を成立させたいようです。
 今日は朝、地元で反対の駅頭演説をしてきました。これまでは長い間、冷たい反応しか返ってきませんでしたが、今日は、頑張ってという声をいくつも頂きました。それだけ多くの国民がこの法案を心配しているということです。
 国民は自民党に選挙で勝たせましたが、白紙委任したわけではありません。それにもかかわらず、数の力を頼みに無理やり法案を通過させようとしています。これが自民党の本質です。だからちょっと前には政権交代を国民は選択したわけでした。
 私たち民主党のふがいなさを反省しつつ、やはりこんな自民党には政権を任せておくわけにはいかないという思いを強くしています。
 万が一、この法案が成立しても施行までには一年あります。その間に政権を交代させれば、秘密保護法案を廃案に追い込むことが出来ます。
 国家安全保障法、秘密保護法の成立、そして憲法改正をしてしまえば、この国の形が変わってしまいます。国民は長引く不況をひょっとしたらアベノミクスで乗り越えてくれるのではないかと一縷の望みをかけて安倍政権を誕生させました。
 日本を戦争が出きる国に変えてほしいと思って自民党に投票した人はごく一握りしかいないはずです。数さえあれば何をしてもいいというのは民主主義の否定です。これだけの国民の反対を無視すれば必ず、報いがきます。
 この法案を通したことが安倍政権の命取りとなった、というように是非しようではありませんか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー