記事一覧

国家安全保障会議設置法についての民主党内の議論について

11月5日(火)

 楽天が優勝しました。全球団からエースや主力選手をかき集めた巨人が優位であることは誰が見ても明らかでしたが、そこを気持ちと団結力で破り、国民になにより被災者に大きな勇気を与えました。うれしい出来事でした。
 今日は民主党で国家安全保障会議法案に対しての議論が行われました。私はこのブログでも何回も書いているように、この法案は安倍総理が目指している憲法9条改正、集団的自衛権行使に向けた、一連の動きの中の第一弾です。
 今日の会議では民主党もNSC法案を出しているのだから、反対するべきではないとか、秘密保護法案とは別で、あくまでこの法案個別で賛否を考えるべきだとかいう意見も出されました。もちろん、同法案とは一体として自民党が提案しているのですから、一体で反対するべきです。
 私は「安倍政権の暴走を心配している国民がたくさんいる。もし民主党がこの法案に賛成するようなことがあったら、それらの人は一体、どの政党に期待すればいいのか。安倍政権が目指している戦後民主主義の見直しの一環なのだから、しっかりと反対しなければならない」と発言しました。
 全党協議をする法案ではありませんので、これからネクスト大臣会議、常任幹事会に掛けられて判断しますが、なんとか反対でまとまればと思っています。
 今日は環境委員会が開かれ質問をしてきました。質問時間は40分でした。以下、質問の趣旨を掲載します。最後の温暖化については質問時間がありませんでした。

1.安倍政権は東電福島第一原発の事故対策を抜本的に見直すという報道がなされた。復興を早めるためにも国が関与することは必要だと思う。だが重要なのは、国の関与ということは国民の負担が増えるということだ。どのように見直そうとしているのか。
2.東電の責任を国が負担するということの前提として、東電の責任を明らかにしなければならない。東電は実質上、すでに破たんしている。きちんと破たん処理して、株主の責任や銀行の貸し手責任を問い、きちんと財産を処分させた後でなければ、国費を肩代わりということにはならないと思うがいかがか。
3.政府内には東電を分社化するという案もあるやに聞いている。確かに廃炉や中間処理施設は東電だけの問題ではないから、廃炉専門の機関をつくったり、除染専門の機関をつくることは必要だと思う。大臣は分社化についてどう思うか。
4.東電、当事者として分社化についてと、発送電の分離についてどう思うか。
5.現在の話に戻して、これまで除染費用は全体で4700億円ぐらい使っている。そのうちどれくらい東電に請求しているのか。
6.たった一割弱の404億円しか請求していないのはどんな理由からか。
7.東電側はこのうち67億円しか支払いに応じていない。東電、どうしてこれしか応じていないのか。
8.請求額の内、1~2割が不当な請求というのなら分からないではないが、逆に7~8割が不当な請求とみなしているのは、請求がおかしいか、東電がおかしいかのどちらかだ。環境省はどう考えているのか。
9.関連して、福島第一では汚染水漏れが相次いでいる。いずれも人為ミスで、今後、それを防ぐことに全力を挙げると言っている。同じような事故を起こしたチェルノブイリでは作業員の採用に際して、きちんと講習をして国家資格をとってから作業に従事させていると聞いている。東電ではどんな従業員教育をしているのか。
10.国家資格を取らせているという制度について田中委員長はどう考えるか。
11.一方、ああした環境ではミスがでるのは当然。むしろミスを前提とした体制をとることが必要だと私は思うが、東電いかがか。
12.安倍総理は汚染水はコントロールされていると胸を張っているが、誰が見てもコントロールされているとはいえない。心配なのは汚染水が海に流れ出していることだ。海洋汚染についてきちんと調査をしているのか。
13.表面だけ計ったのでは分からないのではないか。周辺の海藻についても調査をするべきではないか。
14.4号炉の使用済み核燃料を今月から取り出すことにしているようだ。見通しについて。
15.全国には同じような使用済み核燃料が1万7千トンもある。また、プルトニウムも44トンも蓄積している。保管場所はすでに満杯に近い。どう対処するのか。
16.最終的には地層処分をすることにしているようだが、見通しはたっていない。再稼働すれば使用済み核燃料やプルトニウムは増える一方だ。まさにトイレなきマンションの状態をこれから先も続けるつもりか。
17.安倍総理は今年トルコに行って「日本の原発は世界一安全だ」と発言した。何を根拠にこんな発言ができるのか。
18.二度目の訪問でトルコへの原発輸出を決めた。日本と同様に地震国であるトルコで万が一事故が起きた場合どうするつもりか。民間同士でやっていることならいざしらず、政府が関与しているのだから日本にも当然責任が発生する。その点は政府協定でどうなっているのか。また、使用済み核燃料について、どう処理するべきだといっているのか。
19.日本でも将来的には原発を減らすと言っているのに、それを海外に売り込むのは無責任ではないか。
20.温室ガス削減目標について伺いたい。報道では政府目標は2020年までに05年比3.8%減となっている。この数値は正しいのか。
21.京都議定書では90年比となっているのに、今回はどうも05年比にしているように見える。どうしてこうなるかと言えば、05年比では3.8%減でも90年比では3%増になってしまうからだ。そんなせこいことは京都議定書をまとめた日本がやるべきではない。EUやあまり熱心でなかった米国の05年比17%減にも劣っている。温暖化防止にリーダーシップをとってきた日本なのだから、もっと意欲的な数値を来週までには示してもらいたい。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー