記事一覧

国連をきちんと機能する機関にするしかない

9月12日(木)
 昨日は海外視察の大体の日程を書きましたが、今日は、その時々で感じたことを書いてみたいと思います。
 ちょうど、私が東欧に滞在中にエジプトの騒乱がありました。日本ではどう報じられたか分かりませんが、欧米のメディアはそれこそ、朝から晩まで騒乱の様子を生中継していました。
 大変たくさんの犠牲者が出ました。一体この先、エジプトはどうなるのかと心配しましたが、報道を見る限り、騒動は一段落して、その後の新たな進展はないようです。
 私が訪ねたトルコでも6月に騒動がありました。当時デモで荒れた広場を通りましたが、普段通りの生活がなされておりました。滞在中にたまたま市内で小規模なデモ行進を見ました。トルコ政府に反対している人たちが、エジプト政府を支持するデモだということでした。
 エジプトでは“アラブの春”でムバラク大統領を逮捕した後、より厳格にイスラム教を守る方針を打ち出した政府が誕生しました。今回のデモはもっと自由をという市民が起こしたものでした。
 一方、トルコではイスラム教をもっと厳格にしろという勢力が今回のデモを起こしました。だからデモを行った人たちが、エジプト政府を支持したわけです。同じデモ隊でも全く立場が違うということを、このデモをみて実感しました。
 それにしても、あれだけのデモがあって、その後、表面上は何も変わらなくても、日常生活が戻ってくるのが不思議でなりません。デモを支持した勢力は一体、どうなってしまったのでしょうか。あれだけの混乱があれば、普通、数か月混乱が続くはずですが、どうしても分かりません。
 恐らく潜在的な問題は何も解決はしていないはずです。そんな中で、シリアでの毒ガス攻撃がなされ、今度は米国が軍事行動をするかどうかというのが、焦点になりました。とりあえず、ロシア側の提案で、軍事行動がすぐになされる可能性は減ったようですが、いつまた、攻撃ということにもなりかねません。
 シリアが攻撃されれば、シリアがイスラエルに報復攻撃を仕掛ける危険性があります。そうなると第5次中東戦争が起こるという恐れすらあります。そうなれば、混乱が世界全体に広がってしまいます。でも、このまま放置しておけば、シリアの一般市民の被害が広がるだけです。
 こんな時こそ国連の出番なんですが、安全保障委員会理事国に拒否権がある限り、全会一致で行動をすることは不可能です。では日本はどうすればいいのか。ただ米国を支持していればいいという時代は過ぎ去ったと私は思います。すぐに実現できる訳ではもちろんありませんが、やはり国連改革に向けしっかりと発言していく責任があります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー