記事一覧

いろいろな国を見てきました

9月10日(火)
 大変長い間、ブログをアップできずに申し訳ありませんでした。参議院選挙も終わり、久ぶりに時間が出来ましたので、日頃、なかなか行くことが出来なかった外国を視察してきました。
 まず8月中旬に、フィンランドに行きました。昔、取材でノルウェーに行ったことはありましたが、それ以来の北欧でした。ヘルシンキのホテルで小泉元総理と偶然お会いしました。小泉氏はオルキルオトにある核の最終処分地であるオンカロに飛行機で行くとのことでした。
 毎日新聞でご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、小泉氏はオンカロの施設を見て、やはり原発に依存するわけにはいかないとの確信を強くしたそうです。残念ながら私はオンカロにはいくことができませんでした。
 次に、ウクライナに行きました。首都はキエフで、チェルノブイリから200キロくらいしか離れていないところに位置します。チェルノブイリの原発へは行くことはできませんでしたが、キエフにある事故の記録館には行ってきました。一階の展示場はほとんど福島の事故関係の写真や新聞だらけで、キエフでの福島事故に対する関心の高さを示していました。
 チェルノブイリ事故もいまだに収束しているわけではありません。いまでも周辺地域は全面的に立ち入り禁止になっています。また、チェルノブイリ事故の場合は初期の対応にあたった多くの方が被爆によって死亡しているのが、福島事故とは大きく異なります。でも、原発で一度事故が起こればとんでもない事態になるということは全く一緒です。あらためて、原発はゼロにしなければいけないと強く思いました。
 次に日本ではあまり馴染のないモルドバに立ち寄りました。ルーマニアの一部と言ってもいい国です。農業国で、トウモロコシ畑が一面に広がっていました。東欧の国は観光名所が少なくどこの国行っても、教会が観光のメインでした。
 モルドバの西にあるのがルーマニアです。当時のチャウシスク首相が夫妻で処刑されたことを記憶の方もいるでしょう。ここではチャウシスクが北朝鮮を真似して作ったという、世界で二番目に大きい建築物という国会議事堂を見学しました。全く大きいだけで、機能していない建物でした。入場料を取って見物客を入れていましたから、それなりに観光名所になっているのでしょうが、やはり、独裁者が作ったものは取り壊すべきではないかと思いました。
 ルーマニアに次いで、トルコのイスタンブールに行きました。イスタンブールはヨーロッパ地区とアジア地区に分かれ、間にボスポラス海峡が横たわっています。トルコの作家のオルハン・パムクの作品を読んで、一度行ってみたいと思っていた都市でした。
 静かな東欧からトルコに入ると、一転して喧噪と、活気にあふれた街が出現し、やはり今はアジアが旬なのかなと感じました。
 イスタンブールはオリンピックの候補地で東京と争っていました。東西文化の結節点、イスラムとキリスト教が行き来した地、数々の文化遺産と美しい海に恵まれた都市で、観光地としての魅力は東京よりはるかに上です。
 しかし、トルコでは数か月前に大規模な反政府デモが起きました。もう収まっており、治安はいいということでしたが、ご承知のようにここから数百キロ離れたカッパドキアで日本人の女子大生が殺害される事件が起きました。数日いただけでは、実態はわかりませんが、どんな所でも危険がゼロということはありえません。それに酷い交通渋滞で交通インフラの不整備がネックでオリンピックは無理かなと滞在中に感じました。
 その後は、タイを回って日本に帰ってきました。バンコクへはカンボジアやスリランカに行く途中で、空港には寄りましたが、バンコク市内に滞在したのはほぼ10年ぶりでした。ASEANの優等生の名前通り、もはや途上国ではないという思いがしました。
 この視察から帰った後、マニラで開かれた国際人口問題懇談会に出席しました。私は国際人口議員連盟の副会長をしているので、年一回開かれる総会には必ず出席しております。福田元総理が名誉会長をしており、今回もご一緒致しました。
 日本では人口問題というと少子高齢化問題になりますが、まだ途上国では人口爆発が深刻な問題です。二つたして二で割れればいいのですが、そんな簡単な問題ではありません。これは私のライフワークのテーマでもありますので、引き続き、人口問題を考え続けていきます。

ファイル 485-1.jpg
ボスポラス海峡に架かる橋から見たアジア地区

ファイル 485-2.jpg
ヘルシンキ市内

ファイル 485-3.jpg
ウクライナの首都キエフの市場にて

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー