記事一覧

締まらない巨大与党

8月2日(金)
 今日から臨時国会が始まりました。といっても、参議院選挙が終わった後の儀礼的な国会で、議席の指定などをしたあとは、衆議院では残念ながら実質的な審議は行われない見通しです。
 それにしても、また麻生副総裁の暴言です。憲法改正について、広く国民的議論をするのではなく、余り騒ぎたてられないうちに改正してしまおう。そのためにはワイマール憲法を国民的議論もなくナチス憲法に変えたナチスの手法に学んだらどうか、という発言です。
 まず歴史認識の過ちがあります。ヒットラーは憲法を改正してナチス憲法をつくったという歴史的事実はありません。ヒットラーはワイマール憲法下で憲法を実質的に無効にする「全権委任法」を作り勝手に法律を作って独裁体制を築きあげたというのが事実です。
 ナチスの行為は人類の汚点です。そのナチスの手法に学べとは、なんという歴史認識でしょうか。「誤解を招いたから撤回する」ということで済むはずはありません。
 麻生氏はこれまでにも数々の失言を繰り返してきました。議員としての資質を問われてもしかたがないと思います。直ちに副総理を辞めるべきです。総理まで経験した人ですから、潔く議員も辞めるべきです。
 辞めないというのであれば、今国会中にしっかりと予算委員会の場で質疑を受け入れるべきです。そこでしっかりとして答弁ができなければ、世論が辞任を要求するはずです。それを逃れるために予算委員会を開かないとしたら、それこそナチスと同じように立憲主義を否定することになります。
 こんなことが起こってくるのも、自民党が勝ちすぎて内部が緩んでいるからに他なりません。アベノミクスではしゃいでいますが、アベノミクスが崩壊した時に、一体、どう弁明するのでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー