記事一覧

国後、色丹島を訪ねて

7月10日(水)
 7月5日から8日まで沖縄・北方問題特別委員会理事として国後島、色丹島を訪問してきました。
 根室港を出港する時は、深い霧に阻まれ一日出航が伸びてしまいましたが、国後島、色丹島では「一年に一度のいい天気」と島のロシア人が言うほどの好天に恵まれました。
 1992年から4島交流事業が始まり、日本と4島住民がお互いにビザなしで訪問ができるようになり、これまでに双方で1万8千人以上の人が、この枠組みを使って交流を続けてきました。
 4島には戦前1万7千人以上の日本人が居住していましたが、その元島民の数も1万人を切るまでに減ってしまったということです。逆に4島では人口が徐々に増えつつあります。このギャップが4島返還問題を一層難しくしています。
 ロシア政府は島の社会経済発展計画を作り、開発に力を入れているという話でしたが、国後でも色丹でも道路はほとんど未舗装のまま、家もほとんどが木造で、むしろ開発から取り残されたという印象の方が強かったです。
 それでも島のロシア人の人たち、とりわけ子供たちは元気いっぱいで私たちの訪問を歓迎してくれました。もう交流が二十年以上も続いているということもあって、交流そのものは極めて友好的に進められました。
 ただ、日本側が、「北方4島は日本固有の領土であり、日露間には解決しなければならない領土問題が存在する」という基本的認識を述べると、一瞬気まずい空気になったことは事実でした。
 北方4島は極めて厳しい自然環境の中に存在します。私たちは天候に恵まれましたが、一度、海が荒れだせば、島は孤立してしまいます。また娯楽施設や生活インフラも乏しく、生活をエンジョイするという現状にはありません。
 教育は9年間の日本でいう小中高校一貫の学校がありますが、大学はありません。卒業後は2年間の専門学校に行くか、大学に行くという話でしたが、どちらにせよロシア本土に行くということでした。100%専門学校か大学に行くということですから、100%の子供たちが卒業後に島を離れるということです。
 その子どもたちもほとんどがロシア本土に留まり、帰島する人は僅かだという話でした。だからロシア政府は給料を倍にしたり、勤続年数を倍に数えるなどの優遇措置を取って島の住民を確保する政策を実施しています。
 4島が日本に復帰しても本当に帰島する日本人が何人いるのか私は危惧します。ただ、島には手つかずの自然が豊富に残っています。また火山地帯なので豊富な温泉があります。きちんと開発すれば、観光価値は高いのではないかと思います。
 しかし、領土交渉は行き詰まったままで、出口は見えません。一日も早く主権が日本に戻り、日露両国民が仲良く島で暮らせるようになることを望みます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー