記事一覧

防衛省の危険な体質

10月22日(月)
 防衛省の守屋武昌前事務次官の疑惑が一気に高まってきました。最初は取引先と接待ゴルフをしたという倫理規定違反でしたが、次第に、自衛隊輸送機のジェットエンジン納入を巡る贈収賄事件にも発展しかねない様相を呈してきました。
 防衛省の事務方のトップが軍事商社と癒着してきたのが事実とすれば大変なことです。軍事物資はどれも特注の特殊品のため、価格があってないような高価なものです。扱う業者も限られており、普通の調達のように競争入札になじまないものも多数あるようです。そこで求められるのは高い倫理性と専門性です。それを逆手にとって自分のかつての同僚に便宜を図っていたとしたら大問題です。元同僚に便宜を図るということはとりもなおさず、国民を裏切ることに他なりません。
 トップがこういう体質ですから、平気で輸送船の航海日誌を破棄したり、補給量を改ざんして上層部に伝えないなどということがおきるのではないでしょうか。防衛省は巨大な軍事力を持っています。それが適正に使われるためにはシビリアンコントロールが欠かせません。しかし、一連の事態を見ていると、この大原則さえ怪しくなってしまいます。
 戦前には軍部が暴走して多大な迷惑をアジア諸国や日本国民に強いました。そんなことが二度と起こらないように、証人喚問をはじめとして徹底的に防衛省の不正を暴きださなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー