記事一覧

なんでこうなるのか?

6月24日(月)
 昨日、東京都議会議員選挙の投開票が行われました。ご承知のように民主党は大敗しました。
 衆議院選挙の時よりは、少し反応が良くなっているのではと期待していたのですが、厳しい審判が下りました。
 私は江戸川区に応援に行きました。定員5人のところに7人が立候補し、民主党の二人の現職の候補が落選しました。最低でもどちらか一人は当選するものと思っていましたが、とんでもない結果にびっくりしています。
 自民党と公明党は候補者全員が当選するという完勝でした。公明党ではたまにありますが、大政党である自民党が全員当選を果たすというのは異例のことです。どうして自民党がこんなに人気があって、民主党はこんなに人気がないのでしょう。この結果に、残念ながら党内は茫然としています。
 投票率が5割にもいかなかったことで、自民党も必ずしも盤石ではないという論評もありました。その通りでしょうが、仮に10%投票率が上がったところで、結果はあまり変わらなかったのではないかと、思います。
 来月には参議院選挙があります。一、二か月で流れが変わるとは思えませんので、参議院選挙も厳しいものになると思わざるをえません。
 選挙ではアベノミクスの弱点や危険性を指摘し、原発再稼働に向けてがむしゃらに突っ走る自民党の姿勢を批判し、TPP導入によって日本の農業が危険にさらされ、水田に代表される日本の原風景ともいえるものがなくなってしまうということを訴えました。
 また、安倍さんが本当にやりたいことは憲法改正で、都議選、参議院選で圧勝すれば、次に待っているのは改憲で、国民の上に国を置く、うっとうしい社会になってしまうことも指摘しましたが、都民には十分に理解されなかったようです。
 参議院選挙に向けても、同じ訴えをするしかありません。この訴えが浸透していけば支持率が回復するのか、いくら訴えても同じなのか、やってみなければ分かりません。でも、この流れが続けば日本は本当に“やばい”と私は思うのですが・・・。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー