記事一覧

原発事故終了、道遠し

5月21日(火)
 昨日、福島第一原発に環境委員会の一員として視察をしてきました。途中、福島県の楢葉町に寄り除染の実態を見てきました。楢葉町は避難解除指定準備地域になっており、住宅地域と住宅に隣接する林野の除染作業が行われていました。
 環境省による除染は来年3月末までに終了するという計画ですから、いま除染作業も佳境を迎えており、町のそこら中で除染が行われておりました。削除された汚染された土や枝葉が入れられたフレコン(フレキシブルコンテナ)と呼ばれる黒い大きな土嚢状の大きな袋が町が借り上げた畑にうず高く置かれていました。これ以外にも畑のあぜ道にたくさんのフレコンがおかれていました。
 この除染作業にいくらかかると思いますか。環境省に聞いたところ、除染費用は昨年と今年で計338億1500万円ということでした。楢葉町の人口は約7700人。すると一人当たり440万円ということになります。子供二人いる世帯を考えると、世帯当たり1560万円にもなります。
 除染が終了して(除染されるのは家の周辺と道路に面した林の20メートル範囲だけです)、一体何人が戻ってくるでしょうか。楢葉は福島第一から20キロ圏内です。それを考えると小さい子供がいる世帯で帰る決断をする世帯がどれくらいあるでしょうか。
 現実的には帰宅希望者だけを一か所に集めて集中的に除染をし、あとの費用は生活再建のために被災者に直接渡した方がよほど生きたお金になるように思えますが、いかがでしょうか。
 楢葉町で除染作業を見た後、Jビレッジで視察の説明を受け、バスで福島第一に向かいました。途中の線量はバスの中で2.5から4.5マイクロシーベルトに上がって行き、さすがにあまりいい気持ちはしませんでした。
 福島第一原発の中に入ったのは初めてでした。1日3000人くらいの人が作業をしているということで、たくさんの人が防護服を着て構内を歩いていました。
 私たちも目と口をおおう防護マスクをして手袋の上にゴム手袋を二枚重ね、靴下も二枚、白い防護服と帽子にヘルメットという作業をする方と同じ格好をして、第一、第二、第三、第四原発に向かいました。
 テレビでしか見たことがありませんでしたが、100万kWを発電する原発は巨大なものでした。一、二、三号炉はすでに外壁が覆われて中は見えませんでしたが、第四は依然として鉄骨がむき出しになった姿を晒していました。線量の高い地域にもかかわらず、多くの作業員の方が働いており、原発事故が終息したどころではないことがよく分かりました。
 水漏れした地下貯水槽を見るために敷地内でバスを降りるなど、約1時間かけて回りました。たった、1時間でしたが、防護服をしているだけで息苦しく、くたくたになりました。この装備で作業をするとなると途方もなくエネルギーを必要とするはずです。3000人の作業員の皆様のご苦労のほどがよく分かりました。
 正常運転時でも原子炉は点検作業のために被爆をする作業が必要となります。被爆を前提としている原子力発電という経済活動をやはり許可してはいけないと強く感じました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー