記事一覧

憲法96条から変えるのはおかしい

5月13日(月)
 安倍総理が憲法改正を悲願としていることはご承知の通りです。その安倍さんがまず憲法改正の手続を簡単にしようと96条改正を目指すことを宣言しました。
 憲法を改正するには衆参両議院の3分の2の賛成を必要としています。安倍さんの言い分では「これでは国会議員の3分の1が反対しただけで憲法を改正できない。国民の意見が憲法改正に反映しづらい」として、96条をまず改正しようという訳です。
 そもそもなぜ。憲法改正を発議するには衆参議員の3分の2と、国民投票での過半数という高いハードルが用意されたのか。あらゆる法律は憲法に違反してはいけない。法律を作るには過半数の賛成が得られればいい。しかし法律の上位に位置している最高法規たる憲法が法律と同じ多数決で変えることができるようになれば、法律のよって立つところが極めて不安定になる危険性があります。
 また、憲法はそもそも権力者から国民を守るものであって、国民を縛るものではありません。その憲法が権力者たる議員によって簡単に変えられたのでは、国民にとって不利な改正が行われてしまう危険性もある。だから憲法改正には高いハードルがあるわけです。
 日本国憲法は「基本的人権の尊重」、「国民主権」、「平和主義」という三つの原則があります。この三原則は憲法を変えるとしても変えてはいけないという決まりがあります。しかし、自民党が提案した憲法改正案を見ると、公共の利益を強調するあまり、基本的人権を制限する可能性がある項目が盛り込まれています。
 また自衛隊は専守防衛に徹し、先制攻撃が出来る普通の軍隊とは違う性格を持っています。これを、安倍さんは国防軍に変えると言っています。つまり、9条の「国権の発動たる武力行使はしない」という平和主義のもっとも核である、武力行使の禁止を国防軍に変えることによって、ないがしろにしようとしています。これは平和主義に対する挑戦です。
 憲法が出来て66年が立ちます。一言一句も変えてはいけないとは私も思いません。しかし、実際に立法府に身を置くものとして、憲法のこの条文があるから、必要な法律が作れないということはありません。
 一方、環境権などが盛り込まれていないから変えるべきだという意見もありますが、それを口実に、憲法の原則まで変えてはいけません。環境問題については憲法を改正しないでも環境基本法を作れば対処できると私は考えます。
 いずれにせよ、憲法の中身の議論をまず始めるのならいいのですが、手続き論から入るというのはいかにも姑息です。どこをどうかえるのか、その時の国民生活はどうなるのか堂々と論じて、国民がそれならば「こう変えればいい」という大多数の納得を得られた時に、憲法は変えるべきで、時の内閣の意向によって、簡単に変えてはいけないことは言を俟ちません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー