記事一覧

黒いものでも米国が白といえば白なのか

10月19日(金)
自民党がテロ特措法に変わって給油新法を提出しました。どんなに形を変えても中身は給油を続けていこうという法案ですから、賛成するわけにはいきません。
 インド洋で展開していた海上自衛隊が給油した米軍がイラク攻撃に参加したかどうかが、最近焦点になっています。民主党としては、給油行為そのものが憲法違反だから反対としているのですから明確ですが、インド洋での自衛隊の給油行為がイラク攻撃に関与していたとしたら、それはそれで大問題です。
 政府は例によって、アメリカ政府がイラク攻撃に使っていないというのだからそれを信じると弁解をしています。これまでにもいろいろな問題で、アメリカ政府が言っているのだから、それは真実だと政府は言い張ってきました。
 横須賀や佐世保に入港する米軍艦隊が核を保有しているのは誰もが知っていることですが、政府は米軍は日本に核を持ち込んでいないと強弁してきました。沖縄が核つき返還であったことも公文書から明らかになりました。それでも政府は、認めようとしません。
 今回の件も給油を受けたキティホークの将校が、当時はイラク攻撃への準備だけでアフガンは全く関係なかったと証言しています。「アフガンへの支援だったらインド洋にいる、ペルシャ湾に入ったのだから目的はイラク以外にない」、との証言はもっともだと思います。
 自分で検証もせず、だれだれさんがいったのだから、それは正しいなどと主張する人が一体、尊敬されるでしょうか。いい加減に、米国の言いなりになることを止めないと、日本の外交そのものが成り立たなくなってしまいます。
 米国政府に真相を言えといっても無理でしょう。結局は、公文書が発表されるまで真相は明らかになりません。政府は客観的事実から、真相を見極め、給油行為を止めることによって抗議の意思を示すべきです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー