記事一覧

あまりに理不尽なテロ事件

1月24日(木) 
 日本人9人が殺害され、なお1人が行方不明となっているアルジェリアのテロ事件に日本中が大きなショックを受けています。
 日本人はアルジェでのプラント建設に従事していた技術者で、軍事的にも政治的にもアラブ世界やイスラム世界に反する行動をしていた訳ではありません。それどころか、アフリカを含む途上国のインフラ整備のために、過酷な環境に耐え、家族から離れて孤独の中で奮闘をしてきた人たちでした。
 どうして被害にあってしまったのか、理由は分かっていませんが、巻き込まれたのではなく、意図的に殺害されたのは間違いないようです。かつてアフガニスタンで井戸掘りに従事していたペシャワール会の青年がテロリストに殺害された例はありますが、企業から派遣された技術者が大量に殺害された例はこれまでにありません。
 日本は石油のほとんどを中東から輸入しており、アラブ諸国とは比較的友好な関係をこれまで築き上げてきました。アフリカ諸国にはODAで道路建設や学校、病院建設などを積極的に行い、大きな評価を得てきました。私がアフリカ諸国を訪ねた時にも若い日本の海外協力隊員が現地の人に交じって、農業支援や医療、教育の現場で活躍していました。
 日本は先進国の中でも最もアラブ・アフリカに友好的な国の一つといってもいいと思います。それにも拘わらず、テロは起こってしまいました。
 日揮は企業ですから最終的には利益を上げなければいけません。しかし、報道を見れば現地の技術者を育てて、後は任せられるようにきちっと教育に力を入れていました。地元に貢献してきた人が、理由もなしに殺されてしまう。とても受け入れることができません。
 テロリストにとっては異教徒は誰でも敵ということなのかもしれませんが、それにしても理不尽です。きっと訳もわからないうちに殺されてしまった人たちの無念、そして突然、家族を失った人たちのことを思うと、言葉がありません。
 こうした悲劇が起こらないためにはどうしたらいいのか。情報収集を徹底するとか、警備を厳しくするとか、いろいろ案が出ていますが、資源開発の現場は、人里離れたところが多く、完璧に防備することは不可能です。危うきに近寄らずという訳にもいきません。外交努力といってもテロリストと話をすると言うのも困難です。それでも何とか安全策を見つけなければなりません。
 いまでも多くの日本人が海外で、同じような環境の中で頑張っています。その人たちが安全に仕事ができるようにすることが政治の義務です。危険度をゼロにすることはできなくとも、危険度を下げる策はあるはずです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー