記事一覧

わが世の春はいつまで続くのか

1月10日(木) 
 新年の挨拶が遅れてしまい申し訳ありませんでした。年末に選挙がありましたので、地元事務所は6日まで休み、今週の7日から本格的に始動しました。
 とはいっても、ほとんどが年始回りや賀詞交換会で、仕事という仕事はしていません。回っていて気づくことは、業界の人たちは本当に自民党が好きだということです。商工会議所でも各種業界団体の賀詞交換会でも、みんなニコニコ顔で「わが世の春」をようやく迎えたという感じがヒシヒシと伝わってきます。
 自民党政権が長く続いたのは、こうした業界の支援があったからだとしみじみと感じます。いかに自民党が業界のためにつくしてきたのか、裏返せば、国民の方を向いていなかったのか、この一事をみてもよく分かります。また、国民不在の政治が始まってしまうのではないかと心配です。
 安倍政権は経済を立て直すと言っています。金融緩和と公共事業、成長戦略が三本の柱。これを受けて正月から株価は上がる、円は下がると経済界は大喜びです。企業の内部留保が200兆円を超えているのに、金融緩和をこれ以上してどんな効果があるのでしょうか。既に民主党政権でも大幅な金融緩和は実施しています。それでもデフレは脱却できませんでした。
スーパーコピーブランド専門店
ーパーコピーバッグN級品
スーパーコピー財布専門店
スーパーコピー小物N級品
スーパーコピージュエリーN級品
シャネルスーパーコピー
 公共事業では景気が良くならないことは、既に以前の自民党政権の時に実証ずみのはずですが、より大規模にやれば効果がでると思っているのでしょうか。
 財源は全て借金、何の反省もないままに、これらの政策を進めていいのでしょうか。自民党本部には陳情の人が列をなしているそうです。またぞろ、政官財の癒着の政治が始まるのでしょうか。
 疑問ばかりですが、国民が選んだ政権ですし、マスコミも大喜びです。景気は気といいますから、どんな政策でも、新たに政権を奪還した自民党がやれば効くのかもしれません。いずれ、結果はでます。時計の針を逆戻りさせたツケが、大きくなってかえってくるようなことがなければいいのですが。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー