記事一覧

予算委員会の緊張が蘇ってきました

10月16日(火)
 参議院の予算委員会で石井一さんの質問を聞きました。私も何回も予算委員会のテレビ中継の質問に立ちましたが、質問の前の数日間というのは質問に関する勉強と質問の内容を考えるためにたいへん緊張していたことを思い出しました。
 石井さんに数日前にあったときに、やはり、どう攻めようかと緊張していました。しかし今日、質問をテレビで見ましたが、緊張もなんのその、実に歯切れのいい質問をしていました。公明党と創価学会の関係など、もっともデリケートでしかも重要な問題を真正面から取り上げ、証人喚問の下地を作り上げたのには感心しました。
 昨日もある会合で話をしたのですが、次の予算委員会では我々民主党が質問する側ではなく答える立場に変わるかもしれないわけで、それはそれでたいへんなことだと思います。答える立場になったら、これまで質問をはぐらかされていやな思いをした分、きちんと正面から答えていかなければと、いまから心しています。
 予算委員会は今日で終了し、明日からはいよいよ民主党の独自案を参議院で論議することになるはずです。自民党としては、なるべく、民主党案そのものを議題に上げないように、参議院の慣例を持ち出して抵抗するようですが、そんなものを撥ね退けて、是非とも民主党案を参議院で成立させ、どんどん衆議院に送ってほしいと願っています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー