記事一覧

選挙区制を見直すべきだ

12月18日(火)
 まさに歴史的な敗北でした。選挙を戦っている当人の感じとしては反応は悪くないと思っていたのですが、結果は全く逆でした。おそらく支持している人はたくさん応援してくれたのでしょうが、それ以外の方は無視していたのだと思います。
 マスコミが民主劣勢を伝えると、ダメなのかと世論調査でも支持率が下がる。支持率低下が報道されると、やはりダメだったのかとさらに民主党離れが進むといった具合に、マイナスのスパイラルに入ってしまい惨敗をしたのではないでしょうか。
 今の選挙は当人の力が10%、あとはマスコミの報道の仕方で決まってしまうような気がします。なにしろ、公示日当日に立候補を表明した候補が、3万票近くをとってしまうのですから、こちらは手の打ちようがありません。どんな人かも、どんな政策かもわからずに党名で選ばれてしまうのではどうにもなりません。
 今回も民主党の新人がたくさん落選しました。前回は自民党の新人が大量に落選しました。恐らく次の選挙でも自民党の新人が大量に落選するという結果になると感じます。これでは政治家は育ちません。やはり小選挙区制を見直し、中選挙区制か何かそれに代わる選挙制度をつくらないと日本の政治はますます劣化するのではないかと懸念しています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー