記事一覧

衆議院選挙の争点

11月24日(土)
 衆議院が解散されてからちょうど1週間が過ぎました。この間、街宣車で選挙区を一周したり、街頭で演説をしたりと活動しました。
 新聞では民主党に逆風が吹いていると書いてありますが、実際に活動してみると想像していたのとは異なり、励ます声を多く頂いています。
 安倍総裁が選出された時が自民党のピークだったのではないでしょうか。党首討論で、解散を約束した野田総理の気迫が評価され、これを機に自民党は下り坂に入り、民主党は坂を登り始めたような気がします。
 今度の選挙、私は「クリーン&グリーン」をキャッチフレーズにしようと思っています。
 クリーンな松戸・市川、グリーン成長がメインです。
私が訴えている選挙の争点は次の3点です。一つ目は原発問題です。これから先も原発に頼って行くのか、原発に頼らない日本を作るのかが最初の焦点です。自民党は前者ですし、民主党は後者です。
 二点目は成長戦略です。民主党は技術革新によって再生可能エネルギーをエネルギーの主力にし、省エネの技術開発との相乗効果でグリーン成長を目指します。これに対し、自民党は旧来型の公共事業を10年間で200兆円行うというばら撒き路線です。しかも国債を全額日銀に買わせるというとんでもない財政秩序破壊方針まで打ち出しています。自民党路線だと子供たちに残るのはコンクリートの塊と借金の山だけです。
 三つ目が外交です。自民党は憲法9条を改正し、集団的自衛権を行使するという軍拡路線を打ち出しています。民主党は戦後の平和外交を維持発展させ、CO2削減などで国際貢献していくという路線を打ち出しています。
 これだけ明確に分かれていれば有権者も選択がしやすいのではないでしょうか。
 マスコミでは第3極に注目していますが、選挙区的にはほとんど影響がありません。やはり選挙は民主党対自民党の一騎打ちです。日本の進路を誤らせないために頑張ります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー