記事一覧

議論がやっと始まった

11月2日(金)
 臨時国会が始まりましたが、この先どうなるのか、なかなか展望が開けません。自民党は当初、問責決議案が出されている総理に質問はできないとか、解散を約束しない限り審議には応じないなどと言っていましたが、世論の批判もあり、結局、議論に応じるようなりました。言論の府ですから議論をしないことには始まりませんので、とりあえず良かったと思います。
 一昨日は安倍自民党総裁の代表質問がありました。自ら政権を放棄したことのお詫びから質問は始まりました。質問というより、自民党が政権をとったらという形の意見表明がほとんどでした。
 安倍さんはもともとタカ派で知られた人です。その人らしく損なわれた外交関係を立て直すには日米同盟を強化しなければならない、そのためには集団的自衛権を行使できるようにしなければならないと、従来の主張を繰り返しました。
 沖縄では昨日、外出禁止令が出ているはずの米兵がまた酔って中学生に乱暴をするというとんでもない事件が起こりました。日米同盟を強化すれば、こんな事件がなくなるのでしょうか。全く逆ではないかと思います。米国政府が日本政府を対等と見ていないから、それが米兵の態度にもつながり、こんな事件が起こるのです。やるべきことは同盟強化をいうのではなく、きちんとお互いにものがいえる対等な立場にする関係を構築することです。
 さて、来週からは予算委員会も始まる予定です。今臨時国会の焦点は言うまでもなく赤字国債を発行する特例公債法案と、違憲状態を脱するための議員定数是正法案です。これに加えて消費税値上げ法案と一体で提案された社会保障の国民会議を作る法案です。
 もう既に、今年度予算が執行されてから7か月が過ぎました。税収だけでは足りないので赤字国債を発行するわけで、そろそろ原資がなくなる時期に差し掛かってきています。このまま赤字国債を発行できない事態が続くと地方交付税が出せなくなるなど地方経済にも大きな影響がでてきます。
 もともと赤字国債は自民党政権時代に大量に発行されたもので、今や借金を返すための借金として雪だるま式に増え続けているものです。もとより発行しないに越したことはありませんが、一気になくすことは到底不可能です。責任の多くは自民党時代にあったのですから、自民党は賛成しなければなりません。
 一票の格差も最高裁から違憲状態を宣言されているのですから、立法府として当然やらなければならない法案です。どちらも与党だ、野党だというべき法案ではありません。速やかに成立させるのが立法府に身を置くものの責任です。
 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー