記事一覧

環境副大臣としての活動報告

10月19日(金)
 一言の掲載がだいぶ遅れてしまい申し訳ありません。環境省と議員会館を何回も往復する毎日が続いており、なかなか時間が取れませんでした。
 この間、担当である国立公園と国立公園候補地の二か所を訪れました。まず、11日と12日に北海道の釧路湿原に行きました。ラムサール条約で指定された広大な湿原の中に、シマフクロウなど絶滅危惧種が生息する貴重な国立公園です。
 最初に、猛禽類医学研究所を訪ねました。ここには交通事故や高圧送電線に触れ怪我をしたシマフクロウやオジロワシが収容されており、治療と自然界への復帰を目指しております。映画にもなった齊藤慶輔獣医師の献身的な治療があって、もう既に、自然界に返すことが出来たものも多数いるとのことでした。
 釧路湿原にはたくさんのタンチョウ鶴が飛来しており、こちらも保護政策が功を奏し数が増えているとのことでした。
 国立公園を維持するためには、厳重な管理が必要です。外来生物が入ってくれば固有種の存在が脅かされます。また、植林などによって、本来の森の形態が壊れる恐れもあります。そのために目を光らせ、行動しているのが環境省のレンジャーの方たちです。各国立公園に配置されているとのことでした。
 私は今回、レンジャーの皆様に初めて会いました。広い国立公園を数少ない人数で守っていました。レンジャーの皆さんは当然のことながら自然が好きという人たちで、自然を守ろうという士気は極めて高く、この熱い思いが国立公園を維持しているのだなという思いを強くしました。
 次いで、15,16日に鹿児島県の奄美大島に行ってきました。奄美にはアマミノクロウサギという希少種がいます。もともと島にいるハブを退治するために海外から持ってきて放されたマングースが増えすぎ、クロウサギを襲うという事態になってしまいました。そこでマングースバスターズが結成されマングースの駆除に乗り出しているとのことでした。
 最盛期には1万頭もいたマングースが駆除のお蔭で300頭にまで減少したとのことでした。奄美のような大きな島で外来種を絶滅させることができれば、世界で初とのことでした。マングースが減ったことに反比例してクロウサギの数は増えました。
 夜、山に観察に入ったところ、4匹を見つけることができました。
 奄美は残されたままの自然をしっかりと保存していこうということで、まず国立公園に指定し、さらに島を世界自然遺産に登録しようと運動をしています。なんとか応援したいと考えています。
 21日からは韓国で開かれるCOP18準備会合(プレコップ)の会議に出席してきます。国際会議には何回か出ていますが、政府を代表する立場で出るのは初めてです。地球温暖化防止に向けて、日本が取り組んでいる姿勢を明確にし、先進国だけでなく途上国や新興国もきちんと参加した国際的な枠組みを構築する交渉をしてこようと思っています。

ファイル 448-1.jpg ファイル 448-2.jpg
猛禽類医学研究所            釧路湿原 

ファイル 448-3.jpg ファイル 448-4.jpg
レンジャーの皆様             釧路湿原

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー