記事一覧

それでも野田という不思議

9月20日(木)
 民主党の代表選挙も明日が投票日となりました。党員・サポーター票は18日までに到着しなければならないという規定があり、事実上先週で終了してしまいました。
 したがって、残るのは国会議員の投票だけということになりました。
 新聞では野田総理が有利と書いてありますが、選挙は投票箱が閉まるまで分かりません。私は何としても鹿野候補に当選してもらわなければ、という思いで、鹿野選対の広報担当として、この間、連日、選対ニュースを作って、支持を呼び掛けて来ました。やっている当人としては日々、支持が拡大していると確信しているのですが、投票箱が開かれるまで結果は分かりません。
 野田総理は代表選挙の最中に次々と新たな決定をしています。昨日は原発ゼロを打ち出しておきながら、経団連や米国からクレームがつくといとも簡単に、閣議決定をしないという決定をし、早くも原発ゼロに赤信号が灯りました。情けないというしかありません。国民の意見を聞いて決めるといい、国民の意見は原発ゼロだというのがはっきりしたのに、それを変える、これでは国民の信頼を得られるはずがありません。
 また、オスプレイについてもほとんど根拠のない安全宣言をし、沖縄への配備を着々と進めています。自主外交どころか全く米国の意向だけを考えた暴挙です。これ以上、沖縄の人の心を踏みにじることは許せません。
 昨日は新宿で民主党代表選挙の立会演説会がありました。警備を理由に街頭演説会はこれが最初で最後でした。ここでも野田総理は聴衆から批判の的になったということでした。これほど人気のない総理でも、民主党内では圧倒的な支持を得ている、ここに今の民主党の人気のなさの理由があります。自分のことしか考えられない、これでは国民の支持を得られるはずはありません。
 民主党の議員一人ひとりをみれば可能性を秘めた人がたくさんいます。その力を全くいかしていない、あるいは生かそうとしない、これが現在の執行部です。何とか鹿野候補を代表にして、民主党を抜本的に立て直し、国民の信頼を取り戻さなければならないと思っています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー