記事一覧

民主党代表選挙、私は鹿野さんを推薦します

9月11日(火)
 昨日、民主党の代表選挙が告示されました。私は鹿野候補の推薦人になりました。前回の代表選挙でも鹿野さんを推しましたので、二度目ということになります。
 何故、現職の野田さんではなく鹿野さんなのか。鳩山、菅、野田と既に民主党政権になってから三人の総理が出ました。一年に一人ずつ総理が代わる、これでは安定した政権になるわけはないという批判があります。
 私も一年に一人ずつ総理が代わるのはいいことだとは思いません。しかし、民主党の本来とは違った道に進みつつあるという認識があるときに、黙ってそれを見過ごす訳にはいきません。例え四人目と批判されようとも、もっといい人がいた場合には、躊躇なく代えることが責任政党としての務めだと思います。
 民主党はまさに存亡の危機にあります。このまま選挙に突入すれば、残念ながら崩壊してしまいます。いまほどベテランの調整力こそが最も求められているときはありません。地に落ちてしまった民主党を立て直し、失ってしまった信頼を回復するためには、党内を一つにまとめることが重要です。
 信頼されないひとつの理由は、民主党がバラバラだということです。まとまりがないから、力を発揮できないという批判がとりわけ大きいと感じています。だから鹿野さんの経験を生かしていまこそ党内をまとめて、政権党としての力を発揮しなければいけないと思っています。
 鹿野さんは東北の出身です。東日本大震災からの復興を何より重視しています。「東日本の復興なくして日本の復興なし」という信念のもと復興に取り組んできました。この情熱が大事だと思います。
 さらに日本は再生可能エネルギーを、原子力に代わるエネルギーの主役にすることを決意しなければなりません。再生可能エネルギーは小規模で地域で作られ地域で消費されることが前提です。これこそ私たちが目指していた地方分権にもっとも相応しいエネルギーです。
 再生可能エネルギーを普及させることによって地方を元気にするという使命を鹿野政権は担っています。一次産業を活性化させると同時に、消費者に密着した産業やサービスを地方に作り出していくことが重要です。地方が元気になるためにも鹿野さんの地方での経験が大事です。
 という訳で鹿野さんに是非頑張ってもらいたいと願っています。皆様のご支援をよろしくお願い致します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー