記事一覧

代表選挙はしっかりと戦います

9月7日(金)
 今日で通常国会は終了しました。1月に始まり229日間という期間で、最長の国会となりました。今日から、民主党の代表選挙と自民党の総裁選挙の季節を迎えます。9月の下旬までには新しい代表と総裁が誕生します。
 民主党の代表選挙は今朝まで細野環境大臣が出るかどうかに焦点が当たっていました。しかし、ご承知のように結局、細野氏は出馬を取りやめました。マスコミではこのままいけば野田総理の再選は確実という予想のようです。
 でも、それでは民主党は自然崩壊してしまいます。何とかして民主党を再生させなければならないという思いは続いています。今日も断続的に会合を開き、なんとかきちんと野田総理に対抗できる候補を擁立するべく頑張っています。恐らく日曜日の夜までには、具体的な指名を明らかにできると思います。
 残念ながら民主党に対する信頼は地に落ちています。代表選挙を通してしっかりとした論争を行い、民主党の原点に立ち戻って党を立て直さなければなりません。野田さんがやっていることは民主党の結党の理念とはかなり遠いものになってしまいました。
 民主党の対極にあるのが小泉政権でした。強いものを強くすれば弱いものも強くなるというのが小泉元総理の考え方でした。その結果、強いものは強くなったが弱いものはより弱くなり、格差が広がってしまいました。
 政治は弱い者こそが安心して暮らしていけるために必要なものです。政府以外では強いもの、富んだものから税金という形でお金を取ることはできません。そのお金で弱いものを救うというのが政治の原点です。民主党が社会保障に重点を置いているのは、そのためです。
 野田政権は、社会保障を後回しにして増税だけを決めてしまいました。原点から外れたと言わざるをえません。また、集団的自衛権の行使を認める姿勢を示したことも、軍事に頼らず外交でしっかりと日本の安全を確保するという民主党の原点とは離れています。
 今度の代表選挙では脱原発、再生可能エネルギーの普及で新産業を創出する新成長戦略、福祉や介護などの分野で雇用を創出する、また、基本的には給与を引き上げることによって、内需中心の成長路線を確立することなどを訴えていかなければいけません。
 ともかくしっかりと代表選挙を戦い、民主党には原点に戻って市民が主役の政治をしっかりとやっていこうとしている人材がいるんだということを示し、国民の信頼を取り戻さなくてはなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー