記事一覧

国連待機部隊について

10月10日(水)
 昨日から予算委員会が始まりました。昨日は主に与党の質問で、今日から本格的に民主党の質問が始まりました。
 午前中、菅さんがテロ特について「米軍に対する給油量が少ないことを根拠に、当時の福田官房長官はイラク攻撃に使われているわけはないと説明していた。実際には発表された量の数倍にも上っていたわけで、説明は破綻している」と質問しました。福田総理は、数字が違っていたことは申し訳ないと繰り返すのみで、イラク攻撃に使われなかったという説明はできませんでした。こんなことでは、新法など出しようもないでしょう。
 この問題を巡っては、小沢代表の発言がいろいろと議論を呼んでいます。民主党が政権をとったらアフガンの治安維持活動に自衛隊を派遣してもいいという趣旨を小沢さんが論文の中で展開しました。この発言に自民党側は、治安維持活動は武力行使を伴うから、それこそ憲法に触れると反論しています。
 横路・小沢合意では自衛隊は専守防衛に徹する、海外での活動は自衛隊本体ではなく、国連待機部隊が当たるというものでした。小沢代表の発言は国連待機部隊がいま存在するわけではないから、それまでの間、国連決議があれば、自衛隊を出すことも考慮するべきだという考えからでた発言だと思います。
 あの時の、論議でもっとも大きな争点がこれでした。大事なことは過去の戦争の反省から、国権の発動としての武力行使は絶対にしてはならないということでした。その時に問題となるのが、指揮権です。指揮権が日本に残っていれば、その武力行使は国権の発動となり、憲法に違反します。しかし、指揮権を国連に委ねることができれば、たとえ武力行使をしても、それは憲法の禁止する国権の発動たる武力行使にはならないというものでした。
 私は自衛隊は海外には出さず、国連待機部隊を作ってその任に当たるとしましたが、小沢さんは例え待機部隊でも、他の国からみれば日本の自衛隊とみなされるので、同じだと主張し、最終的に、その部分はあいまいなままに終わってしまいました。
 小沢さんは国連の決議があっても、本当に自衛隊を出す出さないの判断はその時の政府がすることだとも述べています。今回は、民主党が政権をとれば自衛隊を派遣するとまで踏み込んでしまったことに、ちょっといきすぎがあったように思います。私は自衛隊本体を海外に出すことには反対です。小沢さんも我々が政権をとったら直ちに国連待機部隊を作って国連のもとに活動すると言ってくれれば分かりやすかったと思います。
 国連待機部隊をどんな規模にするのかというのもその時に論じ合いました。基本的には自衛隊の隊員を中心にし、警察官、医師、自治体職員、海外青年協力隊(JICA)などから隊員を募集すればいいということでまとまりました。国連待機部隊の基地を日本におき、韓国、中国、アセアン諸国などから隊員を集め、常に災害なども含めた非常時に対応できるようにするというのが基本的な考え方でした。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー