記事一覧

オリンピックは美しく、国会は醜く

8月10日(金)
 ちゃぶ台は反したものの部屋に残ってぐずぐずしていた谷垣さんはちゃぶ台を元に戻し、食事を始めたというのが、一連の騒動の結末でした。この間に「近いうちに国民に信を問う」という約束が野田さんと谷垣さんの間で交されたといいます。
 今度は「近いうち」とはいつかということで、また騒動が起こっています。近いうちは近いうちで、今国会の会期中も近いうちなら、来年の任期満了も近いと言えば、近いとも言えます。つまり、ほとんど意味のない約束をするために、膨大な時間が費やされたということです。
 これで国会は正常化かと思ったら、参議院では問責決議案が出ているのに、他の法案を先に審議するのはおかしいと、もめて、また国会が遅れているそうです。こんなことばかりやっていると、本当に国民から政治は見放されてしまいます。
 それに引き替え、オリンピックは見事ですし、美しい。勝負の結果は勿論ですが、それぞれの選手がオリンピックにでるためにしてきた努力、その選手を支えた家族や仲間の努力を聞くと、さらに凄さが増します。また、選手の言葉が素晴らしい。信じられない努力をしてきた人だからこそ言える一言が感動を呼びます。
 そのオリンピックも、明日明後日のみとなってしまいました。頑張ってきた選手に拍手を送るとともに、彼我の差と言いますか、国会の情けなさだけがクローズアップされてしまいます。
 民主党の代表選挙が9月に行われます。民主党はどんどん古い自民党に限りなく近づいています。これでは国民が失望するのも当たり前です。何とか新しい代表を選び、民主党の原点である市民が主役という質的に新しい政治を作り上げていかなければいけません。次の民主党政権は、脱原発、国民の声を真摯に聞く直接民主主義、弱者が安心して暮らせる社会、しっかりと主張できる外交を実現しなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー