記事一覧

「原発ゼロへの道」集会は満杯でした

7月9日(月)
 7日に青森県八戸市に環境委員長として視察に行ってきました。環境省が東日本大震災で被災した地域の復興支援策として進めている「三陸復興国立公園」の北の玄関口となる八戸市の蕪島と種差海岸を見学するのが目的でした。あいにくの雨空でしたが、蕪島ではウミネコを、そして、種差海岸では自生しているニッコウキスゲなどを見てきました。
 福島でも宮城でも岩手でも、そして今回行った青森でも、この復興国立公園にたいへんな期待をかけています。津波にあった海岸全体を300キロ以上に渡って国立公園として再整備しようというもので、サイクリングロードなどを作り多くの人に自然を楽しんでもらうと同時に、津波の記憶を残そうという試みです。
 青森県というと奥入瀬渓流や八甲田山が観光地として有名ですが、種差海岸からリアス式海岸に至る地域も、高山植物や自然の芝生が残されるなど、一度訪れる価値がおおいにあると思います。来年5月には国立公園としてのオープンセレモニーを行うということですので、是非、一度足を運んで頂きますようお願いします。
 昨日は菅直人前総理をお迎えして「原発ゼロへの道」というフォーラムを開きました。松戸市民劇場では何回もイベントを開きましたが、昨日が最も人が集まりました。300人の定員は勿論満員、会場に入れなかった人が200人以上もいました。原発問題に関する関心の高さに驚くとともに、入場できずにお断りした方々にお詫び申し上げます。
 菅前総理は福島原発の事故が起きた当時の話をしてくれました。4号機の燃料プールの破損が起きていたらもっと悲惨な事故になっていた可能性があったという話に、一同息を飲みました。私も議連の一員でありますが、きちんと「脱原発ロードマップを作る会」が出したマップに添って、原発ゼロへの道を歩んでいかなければいけないと決意をしました。
 入場者の方に感想を書いてもらいましたが、中には金曜日の官邸前集会に参加した方が何人かいました。また、10代の若い方もおり、原発を自分たちの問題として認識していることが分かりました。
 なお昨日の菅さんの講演と菅さんと私のトークは録音で聞くことが出来ますので、昨日入場できなかった方々にお聞きいただければと思います。

ファイル 434-1.jpg ファイル 434-2.jpg
ファイル 434-3.jpg

以下に音声ファイルをアップしております。

生方挨拶
菅直人前内閣総理大臣講演
菅氏・生方対談

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー