記事一覧

すっきりした民主党で出直し

7月3日(火)
 先週、党の方針に反して社会保障と税の一体改革法案に反対した議員に対する処分が今日の常任幹事会で承認されました。
 離党届を出した衆議院議員37人に対しては除籍、参議院議員はそのまま受理という決定が下されました。離党しない者に対しては党員資格停止や常任幹事会厳重注意などの処分が行われました。
 離党届を出した小沢氏らは新党を結成するようです。小沢氏は記者会見で、マニフェストを守らない賛成した議員の方こそ除名にしなければならない、などと強気の発言をしていましたが、結局、党を離脱する議員は50名にも達しませんでした。
 小沢氏はマニフェストを守れと言っていますが、実現不可能なマニフェストを作った張本人が小沢氏でした。また、政権交代した時には幹事長としてマニフェストを実現する立場にありました。その小沢氏が最初にやったことが、マニフェストの約束である暫定税率の廃止を反故にすることでした。
 当時の鳩山総理と小沢幹事長の二人はマニフェストを実現しなければいけないトップ二人でした。政権交代当初に二人がマニフェスト実現へのレールを外したことは紛れもない事実です。それにも拘わらず、今になってマニフェストを守れないのはけしからんと言うのは滑稽です。
 何より、小沢氏はもともと福祉税を導入しようとした人物です。福祉税は全額を社会保障に充てる税で、今回の消費税と性格は同じです。前回は推進して今回は反対というのは道理が通りません。また、無駄はまだまだあるというのなら自分が幹事長の時にカットできたはずです。自分ではできなかったことを他の人が出来ないのはけしからんといっているのですから、なんとも無責任です。
 私は政権党を割っては、政権担当者として責任を果たせないという観点から、党を分裂させないようにこの間動いてきました。しかし、小沢氏はもともと党を割りたかった訳で、今回の結果は仕方がありません。これまで民主党は小沢氏らの行動を抑えるために多大なエネルギーを使ってきました。出て行ってくれたので、これからはそのエネルギーを政策遂行に使うことができます。
 また、今回小沢氏についていった人は、いわば自分で判断できない人です。議員の進退まで親分たる小沢氏に委ねてしまうような人ではとても議員は務まりません。多くの民主党議員はこれですっきりしたと思っています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー