記事一覧

本当の勝負は9月だ

6月21日(木)
 忙しくて「一言」を書く時間がなくて申し訳ありませんでした。今日やっと時間ができました。
 ご承知のように社会保障と税の一体改革の三党合意を民主党として受け入れるのかどうかの会議が、三日間に渡って行われたのと同時に、参議院環境委員会に「原子力規制庁設置法案」の法案提出者(この法案は衆議院環境委員長提案として提出されました)として答弁に三日間に渡って出向いていたので、朝から晩まで全く時間がありませんでした。
 昨日の両院議員懇談会で、新聞では「総理と幹事長に一任と決まった」と書いてありましたが、私は、「今日の皆さんの発言を聞いて、二人が判断する」というのが最後の発言で、二人が判断した後それを全議員に報告して、一任を取り付けるという段取りになると
思っていました。新聞が書くように、一任を取り付けたとは言えない状況でした。
 それより前に行われた政策調査会主催の会にも出ましたが、まず合意を取り付けたいという執行部の姿勢のみが露わで、とても落ち着いて論議するという雰囲気にはなっていませんでした。
 このままでは党は分裂してしまう。分裂すれば総選挙になって党そのものがなくなってしまうというのが、これまでの日本の政党の歴史でした。せっかく2年9か月前に政権を預けてもらったのに、さしたる成果を上げずに解散に追い込まれたのでは、政権党としての役目を果たせません。
 きちんと党の議決機関で論議をするべきだと考え、私も発起人の一人となって両院議員総会を求めました。党規約では全議員の3分の1以上の署名があった場合は両院議員総会を開かなければならないとなっており、150人以上の署名を集めた結果、昨日、それが、開かれた訳です。
 しかし総会ではなく懇談会になってしまいました。総会は議決機関ですが、懇談会は、単なる意見表明の場です。そこで昨日の会議では、多数の議員が意見を述べただけで、終わってしまいました。
 昨日の議論は、反対派も党を割っては元も子もないということで、かなり譲歩していました。それにも拘わらず執行部側は頑なで、これでは了承を取りようもなかったというのが実情です。
 私としては総会を開いて議決をし、賛成派が多数なら、それに従うということをするべきだったと思っています。そうすれば反対派も党の議決に従うということで、本会議場で反対をしないで済みます。これが党を分裂させない唯一の法でしたが、それを取りませんでした。したがって、党は今のところ分裂に向けてまっしぐらです。
 反対派は小沢派と新聞では述べていますが、多くの中間派と呼ばれる人たちも、今回の三党合意に賛成している訳ではありません。マニフェストに掲げた社会保障の文言だけは残したが、実際には秋に作られる「国民会議」に委ねただけで、実質、旗を降ろしてしまったことは全員よく分かっています。
 私たちは、社会保障を安定したものにするための改革を行う、それには安定した財源が必要だ、そうした財源は消費税しかない、だから値上げさせて欲しいと言ってきました。しかし、肝心の社会保障の中身が秋に先送りで増税だけを決めるというのでは、とても国民の皆様の納得は得られません。
 まっとうにいくのであれば、秋に社会保障改革の骨格を決めてから、消費税値上げをお願いするというのが筋です。
 野田総理がどうしてここまで頑ななのか理解できません。来週までには衆議院本会議で採決が行われる予定です。どうするのか悩んでいます。最終的に反対という選択肢はないと思います。今勝負をして党を割るのではなく、私は9月の代表選挙が本当の勝負だと思います。原発の再稼働など今の執行部は国民の意見を反映していません。9月の代表選挙で代表を変える、それしかないと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー