記事一覧

いまだ復興には程遠い状態の被災地

5月7日(月)
 2,3日に岩手、宮城県の被災地に行ってきました。新幹線で一関に行き、釜石市まで列車で行き、そこからレンタカーで大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、南三陸町、気仙沼市を二日間かけて訪ねました。
 2日は大槌町に行きました。一年前に行ったときには一面に崩壊した建物の残骸が残っていましたが、今回は土台のコンクリートだけが残った更地と、その中を復旧した道路が通るという姿に変わっていました。街中には瓦礫の山は見えず、一見だけしたら、ここが大きな津波の被害にあった街だとは分からないほど、片付いていました。
 まずボランティアセンターに行き、話を聞きました。去年まではボランティアの方がたくさん訪れ、その整理に追われていましたが、今年に入ってボランティアの方の数はぐっと減ってしまったそうです。子供たちが夏休みに海水浴が出来るようにと連休中に海岸の清掃をしたそうです。砂浜を1メートルほど掘って、ガラス片などをふるいにかけてきれいにしていくという、大変な作業をボランティアの人たちが一生懸命取り組んでくれたといいます。
 これで今年海水浴が出来ると思ったら、海底に未処理の瓦礫がたくさん沈んでおり、子供たちが海に入るとケガをする恐れがあるということで、結局、清掃はしたものの、今年海水浴ができることはなくなってしまったと責任者の方は嘆いていました。
 そのあと、高台にある市民センターで生涯学習課長の佐々木健さんの話を聞きました。佐々木さんは全国に大槌町のことを知らせる運動に取り組んでおり、市川市に講演に来た時に、家内が出会った縁で今回伺いました。
 一番の悩みは復興のテンポが遅いということだといいます。片付けは終わったがまだ復興事業は始まったばかりという現状のようです。また、町の人口が減ってしまい、なかなか震災以前の状態に戻らないのも悩みの種だそうです。統計上は一割ぐらい人口が減ったことになっていますが、実際には住民登録はしていても住んでいない住民がかなりの数いるとのことでした。
 ただ、震災を通して全国からたくさんの励ましをもらい、全国の方と大きな絆ができたことが楽しみだといいます。大槌町は井上ひさし氏のひょっこりひょうたん島のモデルとなった島があることで有名です。また町内には吉里吉里という地名の地区もあります。そんなこともあって多くの方が大槌町を支援してくれているのが、町民の励みになっているそうです。
 その後、碇川豊町長さんにも話を伺いました。町では堤防が壊れてしまったので、14、5メートルの堤防を新たに作ることが決まっているといいます。これでは町内から海が見えなくなってしまいますが、国の方針だということで受け入れざるを得なかったといいます。

ファイル 424-1.jpg

 町としての大きな悩みは復興資金がなかなか入ってこないということでした。小刻みに入ってくるので、町としていくらの予算でどんな計画を立てたらいいかが決まらない。できれば一度にどんと資金を出してくれれば計画が立てやすいのにと嘆いていたのが印象に残りました。
 街では市街地の約4分の3が家を建てられない地区として立ち退き料700万円を支払う、それ以外の土地は盛り土をして区画整理をして住宅を建ててもいい地区にする予定だといいます。しかし、この地区の方にはお金は支払われず、同じに家を失ったにもかかわらず不公平だという不満が市民の間にあるということで悩んでいるようでした。

ファイル 424-2.jpg

 次の日は雨の中、大船渡市をまず訪ねました。こちらも土台だけが残された更地が広がり、その中にポツンと飲食店や商店が入ったプレハブ街が出来ていました。おそらく仮設住宅から車で来たと思われる人が雨の中買い物をされていました。

ファイル 424-3.jpg

 次に訪れた陸前高田市は、市街にまだ瓦礫がたくさん残されていました。ただ瓦礫も、衣類とか木材、鉄骨、自動車などに分類されて大きな山となっていました。多くの方が被災した市役所は、前回は玄関に他の建物が突き刺さった状態になっていましたが、きれいに片づけられ、変わって祭壇が設けられていました。私が訪ねた時も県外ナンバーの車が何台か来ており、祭壇に手を合わせる姿が見られました。

ファイル 424-4.jpg

 南三陸町も他の被災地と同様に、一面の更地が広がるばかりでした。気仙沼市は港に漁船がたくさん入っており、訪れた市の中では一番復旧が進んでいる感じがしました。
 全体的にはまだ復旧の段階で、とても復興の段階に至っていないというのが私の印象です。夜になると道路以外は真っ暗になってしまい、おそらく多くの住民がいまだに不安な夜を過ごしているのではないかと心配になりました。
 このままのペースで復旧作業が続くとすると、その間に若い人たちの流出が加速してしまいます。もっと復旧のペースを早め、なにより雇用の場を作り出していくことが復興には必要だと思いました。
 被災地の方たちは、全国から人が訪ねてきてくれることが励みになると皆さん言っていました。ボランティアをしなくてはならないなどと硬く考えずに、とにかく皆さん、被災地に行ってください。それだけで復興の励みになることは間違いありません。

ファイル 424-5.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー