記事一覧

飢えた国民をよそに、愚かな失敗

4月13日(金) 
 北朝鮮が長距離ミサイルを打ち上げ、失敗しました。中国、ロシアを含む国際社会が反対していたにも拘わらず打ち上げを強行し、揚句失敗した。発足したばかりの金正恩体制は大きな打撃を受けました。
 それにしても、です。多くの国民が飢えている時に火遊びともいえるミサイルを巨額の金を掛けて打ち上げる、とても正気の沙汰とは思えません。北朝鮮に住んでいる人は本当に気の毒という以外に言葉が見当たりません。
 そうは言っても他の国ですから、早く現体制を倒しなさいとは言えません。何とか、自分の国は他の国と違っておかしいということに北朝鮮の国民が気づいてもらうしかありません。十分に情報が入る国であるならば、国民が自分で判断できるでしょうが、北朝鮮は厳重に情報が管理されており、現政権に不利になる情報が流れる状況にはありません。
 東西の壁が破れたのはネット社会の普及で、東側の人たちが国の管理を超えて情報を十分得ていたからに他なりません。しかし、北朝鮮では情報網が発達しておらず、パソコンも国民に行き渡っていませんので、このままでは東西の壁がネットの普及によって崩れたように、南北の壁が崩れる見通しは残念ながらありません。
 北朝鮮はミサイル打ち上げに失敗した汚点を濯ぐために再度の核実験を強行するのではないかという見方もあります。こんなことをしたら失敗を濯ぐどころか、さらに国際社会の批判を受け、喉から手が出るほど欲しい援助も受けることができなくなることは間違いありません。しかし、悲しいかな国際社会の常識が通じる国ではありません。したがって、核実験をまた行うかもしれません。
 今回のミサイル打ち上げにせよ、核実験にせよ、国連で厳しく糾弾されています。経済制裁も取られています。しかし、北朝鮮に考えを改める兆しはありません。強硬路線をとり続けることで、米国などの妥協を引き出そうと水際外交を続けているのが現状です。どうしたら、この危険な隣国を普通の国にすることができるでしょうか。
 米国も韓国もこれまで飴と鞭作戦を取ってきました。すなわち核施設をきちんと公開すれば食糧援助をすると言った類の外交です。当初はそれでうまくいきそうになるのですが、結局、北朝鮮に裏切られてきたのがこれまでの歴史です。
 共産主義体制と言いながら世襲を続けるおかしさに、多くの国民は気付いているはずですが、批判が封じられている体制の中では不満がきちんと行動に表れないのでしょうし、現れれば直ちに弾圧されるということなのでしょう。
 それでも中東諸国などを見れば、どんな独裁もいつかは終わりがきます。北朝鮮にもそうした日がくることを期待します。北朝鮮は外国からの援助なしにはやっていけません。日本は韓国、中国、米国、ロシアなどの周辺国と連携して、隣国の飢える猛獣を躾けていくイニシアティブをとらなければなりません。
追伸、明日開かれる「動物愛護を考えるフォーラムにご参加頂けるようにお願い致します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー