記事一覧

国会改革を実現する議員連盟を作ろうと思っています

3月7日(水)
 国会では連日、予算委員会が開かれています。予算委員会が開かれている時期は大臣がいつ呼び出されるか分からないので、その他の委員会は原則開かれません。環境委員会も地方公聴会が開かれ大臣がとられる心配がない日に一日開かれただけです。
 いつの国会でも最初は予算委員会が開かれ、いつも最後に審議時間が足りないため法案が継続審議になることがいつも起こります。
 また、予算委員会の審議を見ていても、質問するのは一人で、閣僚全員が揃っていても一度も質問を受けない大臣もたくさんいます。質問するほうも一人で、他の委員はただ座っているだけです。
 私も長いこと予算委員をしておりましたが、質問者を3人とか4人にすればより質の高い質問ができるはずですし、議論も深まるのにと感じていました。
 国会の運営は過去の慣例に基づいて行われています。審議時間一つにしても前回はこうだったから、今回は前例に従って何時間というように決められます。予算委員会の時に一般委員会を開かないのも慣例によります。
 そこで、慣例を見直し、真に立法府としての機能を果たしていくように変えるべく、「国会改革を実現する議員連盟」を立ち上げることにしました。
 呼びかけは来週になると思いますが、一足先に呼び掛け文を掲載します。

「各位の日頃のご活躍に敬意を表します。
国会が開設されてから100年以上が経ちました。立法府の議員として、我々が十分に国民の期待に応えられているか、常に検証していかなければなりません。
しかし、残念ながら現在の議会の有様をみると、とても十全に機能しているとは残念ながら言えない状況です。
例えば、予算委員会が開かれているときには他の委員会は開くことができず、ほぼ一か月以上に渡って、法案の審議が進まないという状態が必ず作り出されます。その結果、会期末近くになって日程がタイトになり、十分な審議ができないということも起きてしまいます。
また、議員のもっとも大事な仕事は法律を作ることであるのに、実際には議員立法は内閣提出法案の審議が終わってからというのが慣例になっており、会期ごとに数本しか通過成立しないという状況に陥ってしまっております。
一方、内閣提出の法案については修正されないというのが前提となっています。これでは最初から野党の質問は実りのないものとなってしまい、結果として批判のための批判の質問が増えてしまいました。修正を前提とすれば、もっと議論が活性化し、法案もよりよくなるのではないでしょうか。
こうした様々な弊害がでてくる原因は、国会が慣例主義で運営されているからに他なりません。慣例主義から脱し、21世紀に相応しい国会にしなければならないと私たちは考え、ここに「国会改革を実現する議員連盟」を作ることを決定しました。
いろいろな問題があります。奮ってご参加いただき、国会が真に国民から信頼され期待されるように変えていこうではありませんか。」

以上です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー