記事一覧

中選挙区の導入で決められない政治にサヨナラを

2月28日(火)
 どうして中選挙区に戻さなければならないのという質問をたくさんいただきましたので、以下のようなことを考えてみました。

過去5回の小選挙区選挙によって日本の政治はどう変わったか

・小選挙区制度の下の選挙は極端な結果がでやすく、政治が不安定化した。
・選挙が政党中心、政治家中心ではなく、その時々の風任せになってしまった
・51%の支持を集めなければならず、政治家の自己主張や独自の政策、得意分野が事実上なくなってしまった。
・政党の違いが有権者に見えなくなり、選択肢が少なくなり、それが政治不信につながった。
・選挙区が狭くなり、活動範囲が地方議員と同レベルとなり、狭い地域の要求に重点が置かれ、国政がないがしろにされる傾向がでてきた。
・小選挙区制によって毎回、大量の新人議員が生まれ、次の選挙で多くが議席を失う。これでは政治家は育たないし、国費の無駄遣いだ。

では中選挙区になるとどうなるか

・小選挙区の結果と参議院の結果が異なり、ねじれ現象が日常化した。小選挙区制度では一人を選ぶため連立政権はできづらいが、中選挙区では比較的簡単に連立政権ができ、決められない政治に終止符を打つことができる。
・世論調査を見ても有権者も中選挙区制が望ましいと考えている。また、議員も多数が小選挙区は良くないと考えている。
・選挙区が大きくなることによって、大きな政治ができるようになる。
・多数の中から複数の政治家を選ぶことができ、多様な意見が政治に反映されるようになる。
・専門性を持った政治家が育成され、結果として官僚政治を脱却できる方向に向かう。
・参議院の選挙制度と差別化ができる。

皆様の意見をお待ちしています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー