記事一覧

動物愛護法改正について

2月8日(水)
 動物愛護法改正案の議論がいま民主党内で行われています。今日は二度目の民主党ワーキングチームの会合があり出席してきました。
 前回は環境省の中央環境審議会で議論されたことについて小委員会の委員長から説明がありました。今日は環境省の調査室から論点を整理して説明を受けました。
 論点の2が「虐待の防止」という項目で、主な論点としては、何を持って虐待とするかという定義の問題や虐待を受けている動物を飼い主から引き離すことができるか、あるいは虐待をした飼育者に対して飼育禁止命令を出せるかなどが、論点になったという説明がありました。
 私は「犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟」を作りました。そこで、最大の虐待は行政機関によって行われている殺処分ではないか、それについて審議会ではどんな議論がなされたのか、を質問しました。
 その答えは、論議がなかったということでした。動愛法の最大の焦点は殺処分を原則禁止にできるかどうかにあると私は思っています。そのもっとも肝心な点について、最初から諦めていたのではどうにもなりません。議論もしなかった審議委員には反省を求めます。何とか、この項目を入れるべく頑張ります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー