記事一覧

環境委員長になりました

9月5日(月)
 野田内閣の閣僚と民主党の党人事が決定しました。私は衆議院の環境委員長になりました。
 いま現在、環境省は大きな課題を二つ抱えています。一つは原子力安全庁(仮称)の設置です。ご承知のように原子力は経産省の原子力保安院と内閣府の原子力安全委員会の二つで監視、管理をされてきました。今回の福島原発では両者の歯車がかみ合っておらず、東電の対応とあいまって、十分な施策がとれませんでした。
 この反省を受けて、環境庁の外局として来年の4月に原子力安全庁を設置することが決定しました。どんな機能と権限をもたせるのか。今度の臨時国会から議論が始まりますが、それを審議するのが環境委員会です。
 もう一つが動物愛護法の改正です。私は再選されてすぐに「犬・猫等の殺処分を禁止する議員連盟」を設置しました。なんとか殺処分をやめさせることが出来ないかと努力してきました。その最大のチャンスが、5年に一度の動愛法の改正です。すでに今国会でも沢山の動物愛護団体から様々な要望が出されていました。動愛法の改正も環境委員会で議論されます。
 両法案とも最終的にはおそらく野党の皆さんと修正協議をしなければならないと思います。修正協議は与党と野党の筆頭理事と委員長とでまとめることになっています。
 環境委員長としてしっかりと国民の立場にたった法案にして成立させるべく努力します。
スーパーコピーブランド専門店
ーパーコピーバッグN級品
スーパーコピー財布専門店
スーパーコピー小物N級品
スーパーコピージュエリーN級品
シャネルスーパーコピー
 さて、今回の野田人事ですが、何点か。マスコミの野田内閣支持率は軒並み50~60%台の高率でした。つまり、マスコミは人事も含めて野田内閣を高く評価しているということです。私も当初は輿石さんを幹事長に据えて大丈夫かなと心配しましたが、全体的には党内のバランスを重視した無難な人事かなとも思います。点数をつけるとすれば60点ぐらいです。
 ただマスコミは最初は持ち上げてもすぐに叩きます。出来れば最初の支持率はもっと低く、徐々に高くなったほうが良かったと思いますが、贅沢は言えません。ともかく暖かく迎えてもらえただけでも感謝しなければなりません。
 それにしても、民主党の支持率まで高くなるとは想像していませんでした。先月まで民主党だけはダメだという雰囲気が日本中に充満していたのが、総理が代わっただけで、これほどまでに好転するとはびっくりしました。なんだか菅さんがかわいそうになってしまいます。
 ともかく、これで少し落ちついて復興に本腰を入れられるのはありがたい限りです。被災地の瓦礫処理も環境省の大事な仕事です。まだまだ処理は十分すすんでいませんので、こちらも委員長として環境省にしっかりと仕事をさせるべく監視していかなければならないと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー