記事一覧

野田新代表誕生

8月29日(月)
 代表選挙で野田佳彦新代表が決定しました。私は鹿野さんを応援していましたが、結果は4位に終りました。しかし、中間派の議員が結束して52票取れたことは誇っていいと思います。
 また、決選投票になった時には一致結束して行動しようということを今朝の選対で決めました。私としては小沢さんが推薦する候補を鹿野さんが選んだら困るなと思っていましたが、さすが、鹿野さんは野田さんを選びました。正しい判断だったと思います。
 代表選挙は先週末から3日間に渡って行われました。5人の方が立候補し、それぞれ政見を訴えました。それぞれ代表候補に相応しい演説だったと思います。
 私は個人的には海江田さんが最も親しい友人です。一緒に何回も海外に視察にでかけ、私生活でも仲良くしていました。私が小沢さんを批判し、海江田さんが小沢さんと行動を一緒にするようになってからだんだん、疎遠になってしまいました。
 海江田さんが小沢さんの後ろ盾なしに独り立ちして立候補したら、違った演説が出来たと思います。また、政策も違ったものになったはずです。そうすれば私も応援できたかもしれません。やはり指名されて立候補したのでは迫力が不足します。友人の一人として残念です。
 野田さんは千葉県連の一員です。私が初当選したときに野田さんは落選中の身でした。私も前回落選をしましたので、その時の野田さんの心中が分ります。二回目の選挙で落選し、悔しい思いをしていたに違いありません。落選途中から民主党に入り、以来一緒に行動してきました。最初に会ったときに比べ、大分成長したと思います。なんとか野田さんを盛り上げて民主党の信頼を回復させなければなりません。
 野田さんは早速党人事に取り掛かります。人事で成功するかどうかが、野田内閣が上手くいくかどうかの最初のバロメーターになります。人事は難しいものです。上手い人事が出来る人がうまく人を使える人です。そういう人事を是非してほしいと思います。
 代表選挙も終わり、明日は首班指名。そしてその次の31日はもう会期末です。3月11日の大震災以来、国会も非常体制で復興に当たってきました。既に二度の補正予算を組みました。次ぎは臨時国会での3次補正です。
 明日は民主党が政権をとってちょうど二年目に当たります。あの二年前の熱気がすっかり冷気に変わってしまいましたが、この代表戦を契機としてまた、あの熱い夏を取り戻し、国民の期待に応えていかなければならないと決意しております。今後ともご支援をお願いします。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー