記事一覧

いよいよ代表選挙

8月19日(金)
 民主党の代表選挙に出ようとしている人がいろいろ取りざたされています。民主党の場合、所属議員の20人の推薦があれば代表選挙に出ることが出来ます。代表は二年に一度の党員・サポーターを交えた選挙で選ばれますが、今回のように任期途中で代表が退いた場合は国会議員だけの投票によって選出されます。
 報道でご承知の通り、何人もの方が立候補を表明しています。しかし、実際には推薦人の20人集めに苦労している方もおり、本当に選挙にでるのは3~4人程度になるのではないかと予想しています。
 既にお伝えしているように私は鹿野道彦さんを応援しようと思っています。今日、26人が集まり、鹿野さんに対し代表選挙に出馬するように要請しました。鹿野さんは「人生の中で最も重い要請を受けた。じっくり考えさせて下さい」と答えました。
 総理は日本国民1億3千万人の生命と財産を守る極めて重い地位です。鹿野さんの表情を見ても、その重さが伝わってきました。特に今回のように大震災の復興を成し遂げ、日本を再生させなければならないような重要な時期に総理を引き受けるには、相当な覚悟が必要です。今日の鹿野さんの表情を見て、この人なら大丈夫だろうと確信しました。
 政策についていろいろ言われていますが、私は余りカチッとした政策を明示しないほうがいいと思います。もう既に政権を2年担当しているのですから、民主党として方針を示し、政策を実行してきました。それに基づいて政権を運営していくというのが基本です。
 総理は操縦席に座るわけですから、その時々の状況をしっかりと判断して、適切な政策、措置をとることが大事です。大風呂敷を広げるのではなく、地に足のついた、政策を実施し、何よりも復興という成果を上げることが重要です。
 鹿野さんを押そうとしている議員は多様です。どこかのグループに属しているから押すというのではなく、一人ひとりが熟慮した上で、鹿野さんを押すと決めたところが何よりも強みです。
 もう既にこういう人が約40人います。一人が10人ずつに声を掛けて過半数の200人を確保するために頑張ろうと意思一致しています。鹿野さんは残念ながら、まだ出馬声明をしていないということで、週末テレビには出演しないそうです。そういう人こそ、今の民主党に必要だと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー