記事一覧

大震災、いまでも世界中から励ましのエールが送られてきます

7月29日(金)
 フィリピンのニューエラ大学から壁掛けが送られてきました。5月の連休中に学長とお会いした際に日本の震災に際してフィリッピンから支援を頂いたことに対するお礼をしましたが、それを受けて学生が被災者を励ますためにわざわざ送ってくれたものです。私の事務所の壁に張ってありますので、お気軽に見に来てください。
 壁掛けには「Good luck We love you Japan always smile」と書き込んであり、送ってくれた学生の顔写真が回りに添付されていました。暖かい心が伝わってくる嬉しい贈り物でした。
 先週、訪ねましたスリランカでは大統領が中心になって、東日本大震災が起こった数日後に全国で慰霊祭を開いてくれたそうです。ニュースとしては伝わってきませんが、世界中が被災者のことを心配し、励ましてくれたことが分ります。言葉だけではなく、本当に世界は一つに繋がっているということが、震災を契機にはっきりと分りました。
 スリランカでは国際会議終了後、日本のODAによって作られた高速道路をヘリから見ました。コロンボから南のガレを結ぶ、スリランカ初の本格的高速道路で、道路開通で南部地域が発展することが期待されています。私たちが行ったときはまだ開通していませんでしたが、今月末には開通式が行われるとのことでした。
 もう一つ、やはり日本のODAによって作られたアッパーコトマレ水力発電所も訪れました。上部の貯水ダムから導水管を使って水を流して発電する方式で、最大出力は15万キロワット。今年中には完成するということでした。発電が開始されれば、スリランカの電力不足もかなり解消されると期待されています。
 スリランカは今年の初めまで約30年にも渡って内戦が続いていました。ようやく平和が訪れ、これから本格的な復興時期を迎えます。日本はこのほかにも病院や学校などを建設しており、日本の援助に対する期待は大きいものがありました。スリランカには沢山の日本の技術者が派遣されていました。熱帯の厳しい気象条件の中で汗を流している姿に感動しました。
 さて、国会ですが、いま小選挙区を見直そうという議連を作る運動を行っています。小選挙区が導入される時にはメリットばかりが強調されましたが、実際に導入されて5回の選挙を経てマイナス面が顕著になってきました。総理コロコロ代わりだしたのも小選挙区からでしたし、政党が前面に出て候補者の顔が見えなくなったのも
小選挙区導入後でした。また、一人を選ぶため政策の違いが明確でなくなり、本当の政策論争が行われなくなったとか、政治からダイナミズムがなくなったという指摘もあります。
 そこで、政治を活性化するためにも小選挙区を見直す論議を始めようというのが、議連の趣旨です。選ばれる政治家の視点ではなく、選ぶ有権者の視点から見て納得ができる選挙制度を今後作っていきたいと思っています。皆様のご意見をお寄せ下さい。

ファイル 387-1.jpg
フィリピンの壁掛け  
ファイル 387-2.jpg
妊婦のみなさんが定期健診を受けに集まってきたところ
ファイル 387-3.jpg
建設中の高速道路
ファイル 387-4.jpg
アッパーコトマレ水力発電所で心臓部の発電装置設置式

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー