記事一覧

動乱の世界、動かぬ国会

7月27日(水)動乱の世界、動かぬ国会
 たいへんご無沙汰してしまい申し訳ありません。先週はスリランカのコロンボで開かれた「第27回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議」に出席しており、ブログを書くことが出来ませんでした。この間に「なでしこジャパン」が優勝し、国際会議の場でも話題になりました。
 決勝に出ただけでも凄いと思っていたら、実力世界一のアメリカを破り優勝。まさに快挙です。注目されない中、黙々と努力を重ねてきたことが見事に大きな花を開きました。選手の皆さんに心から敬意を表します。
 今週に入ってからはノルウェーのテロ、中国の高速鉄道の衝突事故と悲劇が二つ続きました。ノルウェーは大分昔に一度行ったことがあります。自然に恵まれた静かな国で、およそテロとは無縁の国でした。そこでも突然、こんなテロが起こってしまうのですから、最早、世界中に安全な場所などないといっても過言ではないでしょう。
 無防備の若者に対して銃を乱射する。当人は自分の行為を正当化しようとしているようですが、どんな理屈をつけても絶対に許される行為ではありません。ノルウェーは死刑を廃止していますし、私もどちらかと言えば、死刑廃止論者ですけれど、こういう類の人間は許せません。最高刑でも懲役10数年と聞くと、いくら人権意識が高い国といえども、量刑の不当さを感じざるをえません。
 中国の事故も酷いものでした。早く走らせることと事故を起こさず運行するシステムとは別のものです。もちろん、システムの方が重要なことは言うまでもありません。何かに取り付かれたように急いでいる中国ならではの事故と断ぜざるをえません。人命は何よりも重いという当然のことが分っていない指導者では世界から信用されません。
 事故列車を埋めて証拠隠滅を図り、批判が出ると掘り起こす。なんということでしょう。情けなくて話になりません。事故原因も究明されていないうちに列車をすぐに動かす人命軽視は続いているようです。こんなことを続けていれば、いくら経済大国になっても尊敬される国にはなれないでしょう。
 ところで日本です。日本は二週間前と何も変わっていません。国会での法案審議は続いていますが、なんとも活気のない国会となっています。菅総理が求めた三法案のうち、通ったのは二次補正予算案だけ。まだ再生エネルギー法案と、特例公債法案は成立の目処がたっていません。
スーパーコピーブランド専門店
ーパーコピーバッグN級品
スーパーコピー財布専門店
スーパーコピー小物N級品
スーパーコピージュエリーN級品
シャネルスーパーコピー
 来週までには三法案が通るというように言われていましたが、現状はかなり難しくなっているようです。このままいくとお盆前に決着は難しいかもしれません。そうなるとお盆明けもどうなるか見通しが着けづらくなります。こんなことで無駄な時間を費やしていていいはずがありません。
 今日は「犬猫等の殺処分を禁止する議連」として党の環境部門会議にでて、動物愛護法の改正について議連としての要望をだしてきました。5年に一度の改正です。しっかりと問題点を改正し、犬猫殺処分ゼロの一歩としたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー