記事一覧

暑い夏のエネルギー政策の大転換?

7月15日(金)
 うだるような暑さというのでしょうか、毎日猛暑が続いています。国会内は温度を28度に設定しています。会議は原則、背広を着ているということになっていますので、かなりの暑さです。
 国会情勢は梅雨空のままはっきりしない状況が続いています。申し訳ありません。
 菅総理が原子力発電に頼らない社会を作ろうと記者会見で発言しました。福島原発の現状を見れば、これから先、原子力発電をエネルギーの中心に据えるという選択肢はありません。いずれ脱原発をしなければ安心して日本に住めないということは、今度のことで全国民が知りました。
 問題は期間です。すぐに全ての原発を廃止できればいいのですが、それでは産業界が持ちません。やはりある程度の期間を掛けて、古い原発は廃棄をして、新しい原発は作らないということで、徐々に退場してもらうしか方法は無いと思います。
 その間はLNGなどクリーンエネルギーを利用した火力発電や小規模水力などでしのぎ、政府の援助の下、再生可能エネルギーを育てていくというのが最も現実的な脱原子力の方法だと思います。多少、電力価格が高くなるかも知れませんが、それは我慢するしかありません。
 私も、昔は暑い夏だったのだから冷房など無くても大丈夫だと思っていましたが、体が冷房に慣れてしまっているのか、暑さが応えます。つい冷房を入れては反省をするという毎日です。でも、本当に電力が不足しているのかどうか分らない、という現実もあります。九州電力の対応や東電を見ていると、電力会社は信用できない、と思わざるをえません。
 原発を見直すと同時に電力会社のあり方も見直す時期に来ているようです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー