記事一覧

こんな政治でいいはずがない

6月30日(木)
 一昨日両院議員総会が開かれました。その模様はニュースで流れたのでご承知のことと思います。そこで私の感想を一言。
 菅総理はこの席でも退任時期については明言しませんでした。ただ特例公債法、二次補正、自然エネルギー法の三つが通ったら、後進に道を譲ると発言しました。また、次の総選挙はエネルギー政策が焦点になるだろうとも発言しました。
 菅総理は両院議員総会に先立ち人事を行いました。参議院自民党から一人を引き抜き震災復興担当の政務官に就任させました。
 両院議員総会では退任時期とこの引き抜き人事に質問が集中しましたが、総理からは明確な答弁がありませんでした。総理は外交日程があるとのことで、1時間弱で退出しました。答弁がなかったことに一部の議員から「総理逃げるのか」などのヤジが飛ぶなど、いつものように荒れ荒れの両院議員総会となってしまいました。
 まず、総理についてですが、久しぶりに開いた両院議員総会ですからきちっと時間をとって議員、及び国民が納得するまできちんと説明責任を果たすべきでした。それをしないまま退出してしまえば、残るのは相互不信だけです。これでは国民の理解をとても得られません。
 それにしても、総理にヤジを浴びせる、あるいは罵声を浴びせる民主党議員にも困ったものです。たとえ総理が誰であろうが総理大臣には敬意を表さなければなりません。そんな当たり前のことを分っていない議員が毎回多数いることに絶望するのは私だけではないでしょう。議員なんですから、もう少し大人になってもらわなければ困ります。
 結局、今回の人事が野党を硬化させ、折角、延ばした会期をむざむざ数日間も浪費してしまいました。総理は衆議院で再議決のための60日間を確保するために70日間の会期延長を主張したはずでが、これで早くも「60日間」は使えなくなってしまいました。 
 一体何を考えているのか疑問に思わざるを得ません。いくらなんでもそんなことは出来ないと思いますが、総理の最近の言動を見ていると、全ての民主党議員の反対を押し切って解散などということもありうるのではないか、と思ってもしまいます。権力を私物化するのは絶対に許せません。また、民主党は嫌いだなどと虚ろに語る人を復興担当大臣にする人事も私には理解できません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー