記事一覧

いっそうのこと一旦辞めて代表選挙に出たら

6月24日(金)
 国会の会期が70日間延長されました。延長を巡るゴタゴタは皆さんご承知の通りです。140日間が50日になり、最終的には70日になりました。
 途中で50日間で与野党が合意しました。会期内に特例公債法案や二次補正についても合意していました。それを総理が、ひっくり返し70日にしてしまい、結局合意は反故にされてしまいました。
 会期が20日延びても、与野党の合意が流れてしまったので、それの調整にかなり時間がかかります。また50日を越えた時点でちょうどお盆になりますので、ここでも約1週間は自然休会となります。総理が拘った会期延長でも、得るものは何もなく、与野党合意が反故になっただけでは、一体何のための延長かさっぱり意味が分りません。
 総理が言うように再生可能エネルギー買い取り法案を通したいのであれば、合意を重視し、50日間で決着させたほうが、よほどいいはずです。それをしないで会期幅に拘ったのは、なぜでしょう。
 それでは、総理の延命のために会期を延ばしたと批判されても仕方がないように思えます。総理は沖縄で燃え尽きるまで職務に邁進すると述べたそうです。一旦、辞任を表明した人の発言とは思えません。
 総理が本当にまだ総理の任務を全うしたいというのであれば、まず辞任をして、その後に行われる代表選挙に立候補する、それが筋だと思います。ある世論調査では次期総理に相応しいのは菅さんだというのもありました。だから次期代表選挙にでるというのはそんな唐突な話ではありません。
 大事なのはけじめです。総理の言葉はとりわけ重い。自分の言葉を総理が無視すれば、それは民主主義の自滅です。そうならないため、そして、もしまだやりたいというのであれば、きちんと代表選挙で、やりたいことをきっちりと述べるべきです。
 さらに復興相の任命を巡り、大幅な改造をするのではないかという噂もあります。辞めゆく総理が大幅な内閣改造など出来るはずもありません。本当に何を考えているのか、さっぱり分りません。一旦退陣を表明したのだから、もう何も怖くないとばかりに、むちゃくちゃをしているとしか思えません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー